アイドルは拓チャンだった。

拓チャン。つまり吉田の拓郎さん。
人生で一番多感な中学後半から高校前半は
吉田拓郎が、一番のアイドルだった。

当然最初に買ったレコードは吉田拓郎
舞姫」。

人生に悩んで悩んで(若い頃は、些細なことが一大事だ)出した答えは、全て拓郎が歌っていた。『そういうことか!』と、歌の意味を理解した。

そんな拓郎の歌で一番好きなのは、これ。
明日に向かって走れ


つまずいたとき、良く聞いたんだ。

ということで、いわゆる異性が対象であるアイドルには、ハマる機会がないまま成長してきた。