ももクロ 振り切ったギミック路線と白秋

年末に出たブブカ
宇多丸のマブ論で、ももクロにアテた言葉。
「振り切ったギミック路線」の対世間的な成功。

サラバを布袋作曲・編曲と聞いても
それほど驚きはしない、と続いて、
「冒険的スタンス」とメジャー感の両立は、
やっぱり改めて凄いこと、と。

そうなんだ、
そうだね、
そんな冒険的で、
変わった曲に引っかかった人間が、
ここに一人。

モノノフと家族にカミングアウト
した後は、娘からも
くれぐれも変なものに金を使うなと
釘を差される毎日。

家族にももクロは、
アイドルとして、冒険的で、
ロックで、他とは違うんだと
言っても理解されないだろうな。

話変わって白秋。
AEに、年末に入った理由の
一つが、白秋の配信が、
期間限定だったこともあるので、
この休み中に鑑賞。
この公演は、ギミックとは
違う場所で勝負しているよね。

(明日早いので、今日はここまで)