ももクロ=お笑い集団(その2)

ももクロは、見ていて楽しい。
だからお笑い集団という訳じゃあないが。

見ているこっちも、笑顔は自然と出てくるよね。

個人的には、
持ってないことも個性だと思ってるが、
それを否定的にとるとそこで終わるとも、
思っている。

持ってないことを、肯定的にとらないと。

そこは。考え方、気持ち次第。

例えば、ももかだって、話を短くできないから、
4人が変顔する時間ができるんだし。
かなこぉ↑↑だって、ちょっと漢字が読めないだけで、
代わりに人が思いつかない読み方できるんだし。

お笑いは、見ている人から少し自分を下げて、
そこで生まれるギャップを生かすこと。

そこを彼女たちは、陽気に出来るんだよね。
最後は、自分たちで笑って、全て持ってゆくことも出来るし。

そして5人仲がいいのがいい環境なんだろうね。
お笑いのために大概のことを言っても、
楽屋で大事にはならない。

時には、見てるこっちがハラハラするぐらいの突っ込みを見せて、
笑いをとるが。次の瞬間には、仲良くなってるからね。

写真は、Mgirlの表紙。
さすがに買うことはしないけど。
いつもと違う、かなこが華やかにかわいいんだ。

ps 10年後ぐらいにお笑いが出来るアイドルから、
たまに歌う笑い集団になっていたらどうしよう。