ももクロ=暗示曲多し

最近では稀にみるアウェイだった(?)オズフェス。
出演が決まってから賛否両論、
メタルファンからは、
否が多かったような。
って、多かったんだろうね。

でもそこで、ピンキーを歌って、
”逆境こそがチャンスだぜ”とか、
猛烈で、”私のこと嫌いですか?”って聞いて。

猛烈の”嫌いですか?”の言葉は違うけど、
ピンキーの”チャンスだぜ”とか、
他には、
Z伝説の”泣いている人に何ができるだろう?
それは力いっぱい歌って踊ること”
”どんなに辛くて長い戦いとしても、
信じ続けりゃいつか叶うんだ”
とか、挙げだしたらきりが無いぐらい、
《自己暗示》のような歌詞が多い。

彼女たちが壁に立ち向かうとき、
自分たちの歌を歌いながら、
前に進む理由を再確認したり、
力になったりしてるんだと思う。

それは、聞いてるこっち側の人にも同じだよね。

俺なんか、何かくじけそうになると、
彼女たちの声が、歌詞の一部が、頭に流れるもん。
その状況を、解決してくれるような
歌の一部を自分の頭が、勝手に選んで。

“他己暗示”
こんな言葉前からあるかも知らない。

多分ないだろうな。
“自己”に対するのは“他人”だよな。
“己”の使い方が根本的に間違いのような気もするし。
それにゴロも良くないし。八本足思い出すし。

でも結構気に入ってるんだこの言葉《他己暗示》。

そしてももクロには感謝している。

早見さん。
髪切ったのは、映画の主演のためだったんだね。
写真は、スポーツ報知から。

公開は、来年。「百瀬、こっちを向いて。」
早見さんいつかは、大河で。
チャレンジしてるらしいしね。