超個人的ももクロ曲感想(DNA)

ももクロにはいい歌が多い。

その都度、思ったことを書きなぐってきたけど、

時と場合によって、思うことが変わったり。


とかで、今の気持ちを書きたいなっと。


ということで、

相変わらずの思い込みと、

少しだけ積み重なった知識と、

忘れっぽい頭で書く。


☆DNA

この歌を聴いてから今の今も、

大好きな歌。

ももクロの中で、No.1 Song.

もはや、殿堂入りLevel.


というか、

全ての歌の中で、No.2.


No.1は拓ちゃんの「明日に向かって走れ」。


僕も弱い人間で、

時々”明日なんか来なくていいのに”と思ったこともあった。


そんな時、

弱弱しく、

時には破れかぶれで怒鳴りながら、

《明日に向けって走れ》

と口ずさんで、こり越えて来た。


今は、そんなときの歌は、DNAで、

《背中を蹴って》もらってる。


あの震災の1年後に世に出た歌。


”絆””絆”と町に溢れていたときに、

ことさら”絆”って言わなくても、

ずっと君のそばにいると歌っている。


君は孤独じゃない、

いつも私たちがいる。


『バカやろう』

そんなに信じられないのか?

私たちは、細胞の一つ一つまで、

君と一緒にいると嬉しいのに。


この歌は、今、

僕の脳内再生率一番高い。


《明日に向けって走れ》は、

前に向かって行くときに脳内再生されるが、

《DNA》は違う。


前に向かっていくとき、

涙を流したいとき、

心からHappyなとき。


ありとあらゆる場面の感情に、

この歌が頭に浮かぶ。


それほど、
色々な顔を持ってる歌。

写真は、玉ちゃんの
blogから。