ももクロを形作る人々(その1:理事長)

理事長のtwitterを読んでいると、
この人本当に怒らないな、
人間できてるな、
と思う。

僕なんかすぐ切れちゃうね、
その質問には昨日答えた、
と。

こんな人が、ももクロ事務所組織の実質上の
Topだから、彼女たちが奇跡のまま
活動しているんだと思う。

組織の風土は、そのTopによるところ
大きいよ。

ということで、今の時点で僕の知っていることを、
まとめよう。

ももクロにハマってすぐの時に関係者のことを書いたけれど、
今思えば底の浅いことを書いた。
今もあんまり変わらず底は浅いかもしれないが、
でもさ人間何かを書きたいことがあるんだよね。

そこで、1人目は理事長。
「理事長」というのは元はエビ中の学校設定からきた。
しかし今では、各陣営から理事長と呼ばれ、
ついにはスタダの社長からもそう呼ばれたそうだ。

自称、スタダで3番目に偉い人。
1番偉いのは社長。
2番目は、確か(うろ覚えで)芸能一部のTopの人。
理事長自体は、芸能三部のTop。

名前は、藤下リョウジ。
本名は漢字だろうな。
カタカナがいいと、
表記をカタカナにしているらしい。
川上さんがアキラとカタカナで表記しているのも、
理事長命令(指示?)。

DVD等では、スタッフリストの中で
exective producerと表記されている。

フロム エーをみてスタダに入社。
本人曰く、天職だったらしく今に至る。

柴咲コウをスカウトしたのが理事長。
入社当時は、小さかったスタダで、
1スカウトマンからスタートした理事長は、
以降彼女とともに階段をあがる。
(僕の推測)

スタダのマネージャーは、
スカウトマンから始まるらしい。
(当時だけか、今もかは知らない)

理事長は、自分で怒ったことが無いと言っている。

そのつぶやきを見て、
柴咲さんが言う。
理事長のすごいところは、
笑いながら「じゃあやめたら」と言うとこらしい。

プロレス好き。
新幹線の旅のお供に、
プロレス雑誌が登場すること多し。

因みに、川上さんもプロレス好き。
因みに、しゃちほこの店長もプロレス好き。

ももクロは、プロレスオマージュで活動
する場面も多いし、
関係者にもプロレス繋がりの重要人物もいる。

その意味で、理事長のプロレス好きが、
間接的に、ももクロに及ぼし、
そして活躍の場を広げている根本なのかもしれない。
気がする。

また、当時AKB人気がではじまたころに、
事務所内でアイドルをやろうと部下が言い出した時に、
”やったら”と軽く(!?)OK出したことが
ももクロにつながっているし。
やっぱり、影響大だね。

アルフィーの坂崎さんとはいとこ同士。
良く知られるように、川上さんはアルフィーのファン。

話はそれるが、坂崎さんがやっている(?)お台場
フォーク村で2年前ももクロが出演したときは、
理事長繋がりでなく、
純粋に坂崎さんがオファーしたそうだ。
このフォーク村への出演が、
ももクロが、ソロで歌う、生バンドをバックに歌う、
その契機になったと考えるのなら
重要なできごとだった。
理事長繋がりの
出演でなくても、
理事長は関係のあることである。

その後、フォーク村には昨年はエビ中が出演。
今年は?しゃち???

理事長に話を戻すと、
毎日のTwitter回数は、
多し。

各グループのファンとの交流を
Twitterで行っている。
Twitterへの反応は、
面白そうな質問中心。

会議をこなし、
北に南に現場に顔を出し、
Twitterでつぶやき。

各会場で見つけたら声をかけてと
つぶやき。
でも、顔出しはしたくなさそうで、
写真はNG。

自分の写真は、仮面をつけてTwitterにUP。
24hUstでも仮面をつけて登場。

そうなると、人間。
どんな顔か知りたくなるのが人情。
AEのふるーい動画に写っているようないないような。

理事長。
洒落やジョークが明らかに好きな理事長。
スタダ伝統の”走れ”シリーズができたのも、
そんな理事長の悪乗りの
おかげ。

レコード会社の垣根を越えて、
タレント事務所の中の、
伝統が作られていく。

最後に同じ事を書くけど。
組織の風土はそのTopの
人柄が作る。
そう僕は考えている。

だから、少なくとも理事長が、
ももクロが所属する組織の
Topである限り、
ももクロは今の輝きのまま
有り続ける。
そう思う。


+++++++++++++++++++
佐々木さん。
お大事に。
2度あることは何とかというけど。
そうならないように、
しっかりと直してくださいね。