日常的ももクロ5/3(圧倒的少年)

◆昨日大きめの本屋に寄ったらQJ ももクロ特別号が
4つの山に平積み。

個人的な話をすると、2年余り必ず買っていたQJを、
今回(4月発売分)は止めた。まだ、絶対買わないと決めたわけではないけどね。
単純に、ももクロが載ってないからなんだけど。
逆に言うと、この2年余り(僕のハマる前から実際は続いている)必ず、
ももクロの記事、それもしっかりとした記事をQJは続けたことになる。
ありがたいことです。
ももクロに関して言えば、
ナタリーとQJが、あれば事足りるほど、
充実している。

◆でもQJは、今回は、ももクロ特別号が出て、
それを買ったからね。

読み応え有り。
全部読めてない。

先ずは、玉ちゃん。
圧倒的少年。

右側の顔写真。

今まで最も短く切ったと言ってた。

◆玉ちゃんと言えば、
俺の藤井の特典映像を見てたら、
すっかりお姉さんになってて。
自分でも、みんなの妹が、
3bjの一番年上になってビックリ
的な発言があったけど。

たこ虹のメンバーが、
玉ちゃんに会っただけで泣いたりして。

そこは百田さんはじめ、
ももクロ全員に言えるけど、
3Bjの年下のメンバーからしたら、
憧れなんだろうね。

憧れの存在があって、
その人が声かけてくれたら、うれしいんだろうね。
その存在に近づこうと意識すれば、
成長も早くて確かだ。

◆そんな《俺の藤井》に関して、
校長、理事長、元HMV佐藤さんの
インタビュー記事がナタリーに。
3Bjunior 「3Bjunior LIVE FINAL 俺の藤井2014」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

突っ込みたいところ満載に記事。
高城さんの覚醒とか。
百田さんなんか、体が柔らかいことだけで合格。
歌やダンス見てないとか。

◆《俺の藤井》はBD買って観たけど。

一番良かったのは、
てんかすトリオ。

永遠のトリニティー

これはいい。
歌もダンスもいい。

この歌。
ももクロに限らずエビ、しゃち、タコ。
スタダアイドルグループには珍しいアニソン風。

各グループの、歌の上手いメンバーを集めただけあって、
歌唱力で先ず圧倒。

それで、ナタリーのインタビュー記事でわかったのが、
誰も何故”てんかす”なのかを、
命名者には確認していないという。

だから意味不明です。