日常的ももクロ5/8(姫クロは時として預言書になる)

今日5/8は、ももクロ新曲の発売日。

そして今日の姫クロ有安さんの言葉。

新曲のタイトルは、
【泣いてもいいんだよ】

偶然と言えば偶然。

でも、
川上さんも言っていた。
《偶然を必然になるように考えてきた》と。

これ、
とても重要だと思う。

世の中偶然の積み重ね。
それを、ただ意味もないと何もしなかったら、
何も起こらない。


無意味に意味を持たせて、
その意味を力に前に進んだり、
人を引き寄せたり。

そうやって、生きていくことが重要だと思う。

偶々だよねって、ただ思うのと、
この出会いは必然だったと思うのでは、
共に進む意識には大きな違いが出てくる。

川上さんは、
必然に変えるように考えて、
ももクロを育ててきた。


だからさ、
今回の新曲の発売日。
当初は5月7日とアナウンスされていたのが、
GW明けの物流の問題で8日にしますと説明があったが。

本当の理由は、姫クロの8日に合わせるために、
ずらしたんじゃないかと。
深読みしようかな。
やっぱり、物流の問題かな。

ずれて理由は何であれ、
7日が8日にずれたことによって
8日の姫クロ言葉と、
同日発売の新曲タイトルは、
繋がった。
そのことは事実。