卒業と聞いて思い出すのは?

本人は、あくまで脱退とのことだが。

▼久しぶりに中野のDVDを観てる。

時間が無いから、ぶつ切りだが、
今回は、一部から。

多分一部を見直すのは、初めて。

▼玉ちゃんのバックで、リコーダーを吹くエビ中の二人。

一人は、ぁぃぁぃとすぐ解ったが、
もう一人が、わからなかった。

そしたら、ひょんなことで、
アツノリさんがTwitterで、
それはひなただと。

ひなたさんのことは、
ショートにしてからしか認識ないからな。

▼この中野の第一部は、オールスターの一回目(多分)
2011年春。もちろん中野サンプラザ

ゲストは、エビ中神奈月

春は、そこから横アリ→西武ときて、
2014年の春は、国立。

改めて、会場の大きさ、クラスの拡大は、
上昇気流だな。

▼卒業や、脱退の言葉を聞くと、
《あかりんへ贈る歌》が、自動的に
頭の中に流れてきて。
イントロが流れた瞬間は、
事情が呑み込めず、困惑した顔が、
徐々に泣き顔になる
早見さんが、頭の中に映し出される。

▼そして、それと同時に、
こっちも涙が溢れそうになる。
未だに。

それほど、泣ける動画なんだ、
僕にとって、この場面は。

▼なぜ、このタイミングで中野かは、
当然先週末に合わせて、
卒業、卒業と何回も聞いたことによる。

▼ところで、プレジデント。
夏菜子と飯島さんの対談記事が
ようやく今日発売。

と思ったら、
次回に続くか。

それにしても飯島さん。
秋葉原さんのことを好きではないことは、
徹底してるね。

▼佐々木さんのブログから。
佐々木さんと高城さん。
Chanでフットサルか。
佐々木さんも、元気そうだね。