Colorful Powerful Wonderful : ももクロ 夏のバカ騒ぎ 2014 桃神祭

《 Colorful Powerful Wonderful 》
僕はこのフレーズが好きだ。

ももクロ 夏のバカ騒ぎ 2014 桃神祭 2日目
日産スタジアム 現地参戦し、終わった時に、
真っ先にこのフレーズが、口から出た。

このフレーズ、今日のももクロのために有ったんだ。
色とりどりカラフルで、
元気が体からほとばしる程パワフル。
そして、終わって素晴らしいエンターテイメントショーを見たという思い。
ものすごく、ワンダフル。

正確な記事は既にナタリーに出ているので、
僕は相変わらずの思い出したことと、
思ったことを順不同の羅列で。
雨にも負けず!ももクロ「桃神祭」でバカ騒ぎ - 音楽ナタリー
写真もナタリー。

★雷雨のために1時間遅れの17:30祭りは始まった。
そして、21:00に数分残しただけで、祭りは終わった。

★川上さんのツイートによると、当初から開催時間は、
3時間半を予定。
会場の近隣への関係で、大きな音が出せなくなる21:00までに終わらせるには、
17:30開始が絶対だった。

★17:30になっても、雨は止まなかった。
小降りにはなった。一時は止んだ。
でも、始まってもなお、一時強くなった。

★だから徐々に雨は止み、虹が出たって、
それで”伝説”なんて、軽々しく言うつもりもない。

★僕の考えでは、極寒の西武ドーム
2013年ももクリ。
今後野外の極寒ライブが、あの年の西武ドームだけになったら、
念願の国立に行けるという告知とともに、
”伝説”にふさわしいと思う。

★でも、でも、17:30に開催できるほどの雨の程度になったのは、
事実。それまで、遠く雷もなってたんだから。

ももクロは、天気に愛されているのは、
今回も間違いなかったと思う。

★というのは、楽しすぎて、
終わった時は雨が降った時のことなんか忘れた。

★1日目現地で、2日目LVの方が良かったな。
神社を観たときのインパクトが薄れた。

★OP映像は、神々しかった。
日本の原色。
5人は、天女そのものだった。
撮影は、埼玉県の三峰神社とのこと。
来年春になったら、行ってみよう。
神社はいいな。
日本人でよかったなと。そう思った。

★和を前面に出して、
アレンジも和太鼓を中心にされ、
新鮮な気持ち。

★ステージ上で、スイカ、ラムネ、焼きそば等々。
屋台が出て、それらをほおばるももクロ

もし、歌を聞かせるグループだったら。
もしダンスやパフォーマンスを見せるグループだったら。
こんなことあり得ないし、
観てるお客からブーイングが起こりそうなものと思うけど。
ももクロの場合は、それが許される。
というか、それらを見て、観客も喜ぶ。

だって、あんなにおいしそうに、
楽しそうに食べて、飲んで。

食べることに一生懸命で、
歌が飛んだって構わない。

僕たちは、幸せそうなももクロを観れるのが、
目的だから。
個人的にはそう思った。

★総勢600人だそうだ。
今回、ももクロのお祭りに集まってくれた、
日本各地のお祭りの人たちは。
よくぞ集めてくれたし、
よくぞ集まってくれた。

もうそれを見ているだけで幸せな気分になれた。

ももクロの曲をバックに、
いろんなお祭りの人たちが、
いろんな踊りを見せてくれる。

そして、みんな笑顔なんだな。

踊りは違っても、
笑顔は一つでさ。
ももクロの曲でさ。
もうね、言うことない。

ももクロは、600人の中でも、
ももクロで、中心だった。
600人に埋もれなかった。
600人、、
そして会場全体の
中心はももクロだった。

ももクロは、もはや日産スタジアムを、
友達にしていた。

★今回自分自身が解ったことの一つが、
アンコール用のOvertureが、好きだってこと。
曲が始まるとアンコールが来ると思い、
心が高まる。
そして、こらえて、
こらえて、こらえて、
みんな声を合わせて、
「アンコール」と叫ぶ。
この瞬間が、たまらなく好きだ。

★今回ももクロの衣装は、当然のごとく和を意識したものが
多かったが。
アンコールでの衣装は、
セーラームーン風衣装に天女の雰囲気、羽衣を
合わせた感じになっていて。
思ったのは、
宇宙人天女。あくまで個人的イメージ。

★観客を、年齢別に手を上げさせたときに、100歳の人になった。
さすがに居ないだろうなで聞いたのだが、
一人いるらしいとなり、カメラが、
観客席を探し始めた。
実際にいたかどうかは、わからなかったが、
探しているとき、
100歳の人がいてもおかしくないと思った人は、
多いんじゃないかな。
僕ももしかしたら、一人ぐらいるかもと思った。
それほど、ももクロの観客は年齢の幅が広い。

★100歳の人がいたかもしれない一方、
小学生のファンは当たり前のように居て。
元気なんだ。
声が高いから良く通るんだ。
後ろの席で、ずっと声を出していて、
その子供を応援したくなった。

★今回は、珍しくスタンドの3列目だった。
今までは、スタンドの上の方ばかりだったけど。

★だから、花道や山車に乗ったメンバーが肉眼で観れた。
そこで想ったのが、有安さん。
小さな体を精いっぱい使って、
スタンド上段に届けとばかり
手を振り、
ピストルでハートを打ち抜く振りをし、
投げキッス、そして笑顔。

有安さんのすごさが解った。
僕の中での今回のMIPは、
有安さん。

★あー、楽しかった。
待ってろよ、年末。
SSA スタジアムモード。
くじ引き抽選。