言い足りない ももクロ 桃神祭 2日目

◆去年の夏のバカ騒ぎ。

灰ダイで、夏菜子は一人リフトの最高地点にあがった。

誰よりも目立つのが嫌いで、
リーダーになるのが嫌いだった夏菜子が。

夏菜子が目立つことを、
リーダーであることを受け入れた、
その覚悟の表れだと、
当時話題になったものだ。

そして今回は、
全員で同じ高さまで
リフトで上がった。

この一年で、夏菜子以外の4人も、
成長し、
夏菜子と同じように覚悟を受け入れた結果だなって。

何の覚悟かなんてわからないが、
ただそんなことを考えていたら、
訳もなく感動した。

◆おかげさまで、ももクロの大箱ライブは、
今回で5回目。
2013春、
2013夏
2013冬、
2014春、
2014夏。

この中で、2013夏の満足度が一番低かったのは
事実。

で、それから1年。

2013冬や、
2014春も良かった。

でも、エンターテイメントショーとしては、
今回が最高だと思う。

1年で最低から最高へ。

◆確かに1年前は、
グラウンドが使えないというハンデや、
6万人規模は
初めてという未体験ZONE。

そこでの反省点を生かして、
ハンデを取り除いて。

そして、5人を含めた
チーム ももクロの成長が加味されると、
こんなにすさまじい催し物になるという。

◆改めて考えても、2日目。
雨での1時間の開演遅れを、
21:00終了に間に合わせた。
1日目に比べて、
曲数は若干少なくなり、
(つまり何を歌って、何を止めるか)
演目の出し方も変わり、
何よりMC短めで、
ほぼ歌いっぱなし。

観ている人には気が付かないところでは、
想像もできない苦労があったんだと思う。
それも、リアルタイムで、
難題を解決しながら。

観ているこちらは、
ただただ楽しかった。
満足した。
今思い出してもあんなに、
色とりどりで賑やかに、
そして自由で、笑顔で、
元気な空間を作ってくれて。

感謝をいくらしても、
しきれないくらい。

◆チーム ももクロ
ももクロメンバー、
そして あつのりさんに感謝します。
ありがとうございました。

でも、自分たちで、バーを
とてつもなく高くしましたよ。

次回は、今回以上のものを期待しちゃいますよ。

人間は、貪欲ですね。

◆若干の、ももロスです。
今日は仕事を
早く、勝手に終わらせて、
フラゲしました。

今回、このCDはPASSするつもりだったのですが、
ライブで生歌聞いたらね。
買わざるを得なかったし。
少しでも、ももクロに触れていたいし。