リーダーは辛い

日経エンタ2015.1号

川上さんとの対談記事。
3周目の最後は百田さん。

エースで4番。
センターでリーダー。

かなり○○。
でもそこが魅力的だけどね。

僕だって子供の時は、50%引きと50%引きで、
もしかしたら100%引きになるかもと、一回くらいは考えた。


話し戻して、日経エンタ

ちびっこ祭りのとき、
OVERTUREが流れているとき
(流れる瞬間)に、
百田さんは川上さんに怒鳴られたんだと。
『ちゃんちやれよと』 


川上さんは、全員(スタッフ含めて)に言うことを、
代表で百田さんに怒ったのだと。
川上さんは、ももクロの”座長”と言う言葉を使っているが、
新鮮だね。劇とかではさ、よく聞くけど。


夏菜子はそれが、八つ当たりだと文句を言う。

リーダーはつらいね。
メンバーの代表になっちゃうから。

でも、ももクロのリーダーは、
夏菜子しかいないとみんなが思っているからさ、
みんなで夏菜子を支えるさ。

川上さんは、ちびっこ祭りに、
月刊TAKAHASI ”ライブハウス ツアー”に
つなげる意味を持たせていたんだ。

そのような意図があるなら、事前に
メンバーに言っておけばいいのだけれど。

川上さんの立場で考えると、
メンバーやスタッフは、言わなくても
理解しているだろうとの思いがあるんだろうな。

今回の記事で百田さんについて、
『戦いは嫌い』だけど、
『負けず嫌い』だと。

結果として戦っちゃうんだろうな。


それにしても、この記事の編集者まとめるの上手いな。
ちゃんと最後落として終わるもんね。


写真は、有安さんのブログから。

確実に顔の輪郭がシャープになっていると感じるんですが。