5文字であれば5色に塗れる

幕が上がるの文庫版。
ももクロ版???

が既に書店に並んでいるのかな?

本広監督が、
ももクロにあて書きしたのですか』

原作者の平田さんに聞いたとか聞かないとか。

それほどももクロに合致した話。

それだけ偶然が起こった。

偶然は偶然と片付けるのでなく、
偶然をチャンスととらえて活用できる人が伸びてゆく。
そう思う。

川上さんが言った「偶然を必然に変えるようにしている」は、
正しいと思う。

過去を振り返ればその時は気が付かなかった偶然が、
大切だった。
その時は偶然と思わなくて、
また来ると思っていたが、
2度と来なかった。
そんなことの繰り返し。

自分のことはいいが。

幕が上がるに戻って。

『幕が上がる』
これ5文字なんだよね。
5文字だと5色に塗り分けられる。

これも偶然かな?

平田さんどのような意図で、このタイトルにしたのか?

何から何まで、
ももクロのためにあるように思えてくる。

今週末、本屋にでも行くか。

2012年。
幕が上がるが新刊で出たときのつぶやきを
見てたら。
幕が上がると、ももクロのパラレル性を
つぶやいてた人がいた。

その人、今の状況をどうも持ってるかな?


写真は有安さんのブログから。

この手の写真の破壊力は、
有安さんが一番だね。

久しぶりにミドルネーム入りで。

有安 ”ミューズ” 杏果。

本当に女神みたい。