気ままにももクロ曲紹介:走れ!

Ust. momocloTV。2015/4/18時点視聴数229,568回

このシリーズは、Youtubeももクロの公式チャンネルでの、
MVあるいは、MVと同じように一曲入っている動画を、
回数の多い順にと思っているけど。

いきなり対象外。
Ustだし、回数も少ないし。
momocloTV
(上手にリンク張れているか不安)
でもこの歌は、外せない。

ももクロライブでの鉄板曲。
皆、大好き。

ももクロの好きな歌ランキングでは、
間違いなく上位に来る曲。
カウントダウンTVのランキングでは、
1位になったこともある。

怪盗少女を歌わないんライブも出てきた中、
もしかしたらこの『走れ!』が、ライブで歌われた回数が
最も多いのではないかな?

確かに『走れ!』が無いライブもないわけじゃないけども。
(フェスは対象外で)

それほどライブとは切り離せない。

ライブでは、途中会場の証明は落ち、
暗闇の中にメンバーと観客の振るペンライト
の光のみがのみが揺れる演出が特徴。

作詞:INFLAVA(って誰だ!)
作曲:Koji Oba mimo 。(って誰だ!)

2010年TIFの走れ!が有名。

汗で張り付いた前髪と、
笑顔だけども決して笑っていない、
獲物を狙うような夏菜子の表情が有名。

結果、映画 モテキに使われた。

歌いだしでは、片手を上げて。

その感じが、
映画 幕が上がるの中の
劇を始める前の演劇部員が、
片手を上げる場面とリンクして。

何故か僕が幕が上がるに感動した理由の一つが、
この片手あげの場面だ。

こんないい曲なのに何故MVが無いのか?

それは、シングルA面じゃないから。

こんないい曲がA面じゃないんだ。

そう、A面は怪盗。

そう考えるとこのシングルは、
奇跡のようにももクロの代表曲が入ってる。
その意味では、ユニバーサルは、
たった1枚のシングルを出しただけども、
重要な仕事をした。

だからUstの”走れ!”が世に出たとき。

この動画を見た人は、
やっと”走れ”の
MVができたと喜んだ。
このUst動画は、
映画 幕が上がるの
エンディング曲の一曲。

そしてこのUstは、
映画の本番撮影前に、
絵の色合いを決める
ためるために撮影された。

だからメンバーは、特に指示されたわけではなく、
自由に振る舞っている。
それが、素のままのメンバーの魅力を
醸し出している。

因みにこの走れのアレンジは、
オリジナルとは違う。

”笑顔が止まらない。踊る心止まらない。
動き出すよ、君の元へ 走れ! 走れ! 走れ!”

そしてこの曲を始まりとしてスタダ伝統(?)の
”走れ!”シリーズが、各グループに作られることになる。