QJ119号 アーちゃん特集

今回のQJ.
2冊あるは、
アーちゃんは読んでいて面白いは、
早見さんの特集に、
有安さんの特集、
そしてエビ中記事まであってさ。
お腹いっぱい。

今回はside-S中心に。

先ずは、小島さんの口から明らかにされた、
QJ編集長 藤井さんの覚悟。
2013年11月にQJで、ももクロメンバー個人特集が
公表された。その時、藤井さんは、ももクロ
編集者としての全てを捧げると小島さんに語ったそうだ。

そして小島さんは、当時持っていたレギュラー仕事を
バッサリ切って、この特集に臨んだ。
他紙の編集者に、そこまでする必要ありますかとまで言われて。

感謝します。
心から尊敬します。

確かに、そこまで決心させるももクロの魅力が、
全ての素だけど。

それでも、この二人には感謝をしてもしきれない。

QJを読んで、
僕はやっぱりももクロを深く知ることができて、
ももクロをますます好きになった。

QJに関わってきた全ての人たちも含めてありがとうございます。

写真は、side-Sで一番気に入った写真。

この口の開き方、
ポケットに突っ込んだ両手。
”なんだよって”飛び出してくる感じが良い。

本格的な記事の感想はまた。