舞台 幕が上がる

ようやく観る日が来た。

映画の時もそうだったけど、
舞台の方も気が付いたら涙が流れていた。

僕は、当然映画版は見ている。
原作は読んだ。
銀河鉄道の夜は読んでいない。

映画と原作のおかげで、
状況は直ぐに理解できた。

そして結末を鑑賞して、
その意味するところを、
銀河鉄道の夜(原作に書かれた部分で)の内容を、
思い出しながら舞台の上の演技と、
重ね合わせた。

だから感情移入が多くなったのかどうかは
不明。


未だ舞台は続くので、
詳しい感想は舞台が終わってからにする。

ただ言えるのは、
中西さんを通して舞台のテーマに深みを与えた
平田オリザさんは、
やはりすごい人なんだなと言う感想を持った。

メンバー5人それぞれに見せ場あり。

最後の拍手も、義務ではなくて自然と出たよ。

舞台が終わって、劇場を出たところで、
東京タワー。


特に意味は無いけど、東京タワー。
(ぶれてる)

最後に購入したパンフレットと、
最近買った演劇関係の雑誌。
演劇関係の雑誌は初めて購入。

演劇って、多数公演が行われているんだね。
当たり前かもしれないが、
今まで関係が無かったので、
初めて知った。