気ままに曲紹介;ももクロ アルバム AMARANTHUS;仏桑花

普通である。

転調に次ぐ転調もない。
高速ラップもない。
ロックでも、演歌でもない。

普通である。
普通の言葉で綴られている。
簡単で、
普段口にする単語が並ぶ。

普通だから、心に滲みる。
普通だから、力を持つ。

ももクロは。
一曲の中に何曲もあるような曲や。
アクロバティックなダンス。
そして、時には
何かと常に戦っているような
ヒリヒリするような雰囲気を漂わせ。
(それと、普段のぐだぐたがギャップなんだけ)
どっちかと言うと、
誰からとも違う個性でここまで来たけれど。

この曲は、大いなる普通。
それが良いんだ。

ももクロも、普通で、勝負できるようになった。

作詞作曲は、さだまさしさん。

さださんと言えば、山口百恵さんに提供した、
秋桜(コスモス)。

佐藤守道さんによれば、
秋桜が、嫁ぐまでの女
性の気持ちを歌ったとしたら、
仏桑花は、それより前の女の子の感謝の気持ちを歌った曲だそうだ。

秋桜が、
秋の落ち着きの中の母への感謝や、
別れの寂しさを感じさせるなら。

仏桑花は、
夏の明るさの中、
改めて両親へのありがとうを伝える。

でも、結婚に向けた歌でもあるのは、事実と思う。

この歌。

今後どれほど、ももクロファンの結婚式で歌われるのだろう?
もしかしたら、もう既に歌われているのかもしれない。

仏桑花=ハイビスカス
花ことばは、
「delicate beauty(繊細な美)」

(であってるかな?)

写真は、佐々木さんのブログから。

有安さん。
花粉症デビューしちゃった。
かつ中耳炎。
心配です。