宝石のような杏果の大喜料理

世の中変わらなければいけないものがある。
言い換えれば、成長しなければいけないものだ。

ももクロも、歌や踊り、
そして最近は楽器演奏力も、
成長し、変わってきている。


一方、変わらない方が、正しい場合もある。

でもこれは、言い換えれば成長しないことになるのだろうか?

そう考えると、やっぱり成長はしてほしい。

そこで、杏果の大喜料理である。

杏果の料理の腕は上がってほしい。
それ以前に、杏果自身は、自分が料理上手とかつて言っていたこともある。

だから上手いはずなんだけど。

でも。

僕は、杏果の料理の腕は、今のままでいてほしい。
上手くならないでもいい。

でもそれは、僕のわがままだ。
杏果は、料理上手になってほしい。

だから、お願いの仕方を変える。
有安さん。
料理に対するその発想力を変えないでください。

だって、杏果の大喜料理。

楽しいんだもん。
どんな気分の時だって、
このコーナーを観ると、
大声出して笑ってしまう。


まるで、宝石のよう。
キラキラしている。
観てて幸せな気分になる。

宝石のような杏果の大喜料理。

写真は、ももりこぶたさんのツイッターから。
FNSでの5人。