夏S;たこ虹が

「ももいろ」+「クローバー」
⇒桃色のクローバーなんてないだろ!

「私立」+「恵比寿」+「中学」
⇒普通にこんな学校はあるな。

「チーム」+「しゃちほこ」
⇒チーム名としてありえるな。


「たこやき」+「レインボー」
⇒タコ焼き色の虹?
ありえないだろう!


名前の付け方は、たこ虹が一番、
ももクロに近いな。

そう当時思っていた。
今思えば、たこ虹が、一番ありえない組み合わせの名前だね。

スタプラムック本によると、
12年9月結成。

ももクロに12年春にハマった僕は、
ももクロの動画を漁り、
ネットでももクロのことを探してた時だ。

当時ももクロの記事なんて少なく、
スタダのことも読んだりしたから、
たこ虹の結成のことも読んだ。

たしか、当時スタダは、大阪に拠点が無くて、
(あるいは小さくて)
彼女達はスタダの提携事務所に所属していたのを、
たこ虹結成を機に、スタダに移籍したと記憶している。

14年の俺の藤井のDVD持っているが。
当時の赤担当でリーダーだった子が、
夏菜子に対して、
夏菜子ちゃんみたいな立派なリーダーになります」って、
泣きながら宣言していたんだよな。(確か)

ちょっと前にも書いたが、
番長の話も好きでね。

当時は、店長の下に番長がいて、
店長がチーフマネとしてしゃちも、たこ虹もみていて、
番長は担当マネとしてたこ虹をだった。

たこ虹が、インディーズデビュー(だったと思ったけどな)
することを、たこ虹メンバーに伝えるとき。

店長が、それは東野の役目だ、
とか言って、
番長が泣きながらメンバーに伝えたとか。
(もしかしたら、僕の脳の中で、美化が進んでいるかもしれない。)

そんなこんなでも、大きな問題があって。
あくまで、僕にとってのだけども。

当時のたこ虹メンバーは若すぎた。
いや、幼すぎた。

当時僕は、あーちゃんの年齢にさえアンタッチャブルだったので、
それ以上に幼かったたこ虹は、
テフロン反応していた。
つまり、たこ虹情報に触れても、
僕の頭の中までとどかないで、
するっとどこかに行ってしまっていた。

で、今回の夏Sだ。

事前に、沖縄で体験したのを含めて。

もはや、近所のおじさん状態。
(親戚のオジサンほど近くないということ)

街中で見慣れないきれいな女性がいるなと思って、
周りに聞いたら、
あの?昨日まで小学生だった子?
いつの間にそんなに年月が経って、
驚いた。

という、驚き具合が、大きかった。

それと、
色分けを意識しない衣装が、
大人っぽくて。
あの子供が????
大きくなったなあぁ。
の感慨深さが、より深く。

4姉妹の中では、衣装に関して言えば、
一番大人っぽいと思うな。

そしてこの歌が、良かった。
Come on 、Come on!

夏Sについての、番長ブログ。
20180730番長日記 | たこやきレインボーオフィシャルブログ「まいど!おおきに!たこ虹ぶろぐ」Powered by Ameba

熱いな。

メンバーの人生、
ファンの想い、
全てひっくるめて受け止めてるという。

でも、なんか心配だな。
休む時は休む。
受けきれないと思ったら、
一旦広げた帆をたたんで、
嵐が過ぎ去るのを待つ。

それは、してほしいな。

何でも折れるときは、あっけなくて。
急だからね。

PS
最近判ったんだけど。
個人的に、
『くるみ』という名前・響きが好きなんだ。
個人的な好みが、
最近判明した。