RIJF2018:ももクロー好きになってくれますか?−

今年のRIJF

ももクロのパフォーマンスについては、
たくさんの人が、ツイートしている。

川上さんのツイートでの、
写真を見ても、溢れんばかりの観客の前でのライブが解る。

セットリストは、Quick Reportで。
ももいろクローバーZ - ライブ写真とセットリスト | ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2018) クイックレポート

川上さんの写真。
夏菜子跳んでるね。

でも、僕、この場面。
記憶ないんだよね。

今日は、かなり頑張って最前から20列目程度で観てたんだけど。
怪盗が、さりげなく始まったのは覚えてるけど、
怪盗が終わったのを
覚えていない。

セットリストみてわかるように、
ラス前。

もうね、感激して、既にこのあたりから、
余韻に浸ってたんだな。

怪盗。
Z伝説。
ココナッツ。
チャイマ。

今までのももクロの象徴。

時には、バカバカしさを前面に出して。
ただ明るく、
でも、時には、その明るさの裏に潜む陰に、
ホロッとしたりして。

そして、10周年記念CDから始まる。
クロダイ
Re:Story

以前の歌は、
太陽のように、直接、
明るさや暖かさを浴びせるのなら。

クロダイ
Re:Storyは、
遠赤外線だな。
そう考えていた。

体の表面の温度は変わらないが、
体の芯から温めるような。

宮本さんが言う、
聞いたことのない歌とは、
ももクロが大人になったから歌えるようになった歌。

5カ月連続新曲の、残り4火月分の歌で、
答え合わせしよう。

さて、時間を戻すと。
ももクロが、2年連続2度目のロッキンなら。

僕も、2年連続2回目のロッキン。

ももクロ出演時間がAMなので、
4時起きして、参戦。

1時に寝て、4時に起きるぞと。
そしたら、2時に目が覚めて、
ねなきゃ、
と思えば眠れず、はや、3時。
完全に大人の遠足感情の極み。
そわそわ、ワクワクが、
すでに止まらん。
どうしようと思ったときに、
めざましで、たたき起こされた。

完璧睡眠不足で、東京駅から、デッキに立っての勝田駅

朝まだ人がいない状態の、
グラスステージに到着。

ここから、ももクロ終了まで立ちっぱなし。

東京駅から考えると、
何時間立ちっぱなしだったのか?

で、結果。
疲れ果てて、
ももクロ以降は、何も見ず、離脱。

しゃちが、もっと時間が早かったら、
しゃち見るんだったが。
待てなかった。

それ以外の出演者は、興味がわかなかったのも事実。

今の音楽については、
本当に、
ももクロ
だけで満足している。

そう思ったな。

最後に。
今日のハイライト。

MCで、結構ももクロを知らない人が多いって流れになり。

高城さんが、
ももクロを好きになってください』って言って。

百田さんが、それに茶々を入れたと思ったら、
次の瞬間4人揃って、
ももクロを好きになってください』と、
声を合わせて言い、
深々とお辞儀をしたんだ。

判る?

全部アドリブだ。

アドリブで、4人揃うんだ。

次何を言うか?
その時どんな動作をするか?
事前の打合せなしで、
【ぴったりと揃うんだ】

10年目のももクロ
10年間一緒に居た4人。
お互いの家族といる時間より、
長い時間一緒にいた10年。

それだから到達できた以心伝心か?
それでも、
この4人以外のグループでは、
到達できない境地か。

4人のことが、ますます好きになった瞬間。