ももクリ2018 LV;大宰府を越えた「灰ダイ」

個人的には、
「灰ダイ」のベストアクトは、
太宰府天満宮での、それと思っていた。

シチュエーションと意味合い、
聞こえる音は、ピアノとメンバーの声、
そして焚火の音のみ。
(今の僕の頭の中の再生です。)

これを越える「灰ダイ」は、
無いと思っていた。
今後も含めて。

それが、今回覆った。

僕は、残念にもLVだったけど。
それでも、心に響いた。

20人を超える弦楽器をバックに、
歌うメンバー。

確かに、
大宰府から数年たってる。
ボイトレも続けてきてるし、
ドラマや舞台もこなしてきた。

4人になって初めてのももクリ。
そこで歌唱される「灰ダイ」

歌い継がれる
”砂にまかれても”

大宰府に比較し、表現力が格段に上がり、
ストリングスの重層な音に重なって。

4人は確実に進化した。
進化は過去の最高点を上回った。

最新が常に最高。
ももクロライブの常識を再確認した。

写真は、購入した今回のももくりグッズ。
と、スカイツリーコラボツリーの模型も。

当然隣でしたが、
玉井さん含めたももクロメンバー、DMB,スタッフ、
そして同じももクロファンと過ごしました。

(写真は、今日の日めくり)

PS
ももクリの感想はもっとたくさんある。

別件。
最高齢のAE会員が参加したイベントは、
武道館だった。
何故か僕の記憶は、大阪でのイベント。

僕の記憶力は、弱い。
弱いがゆえに、直ぐにすり替わる。