「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」

泣け泣け!と来られたら、

「絶対泣くもんか!」と、

心に鍵をかける。

 

泣け泣け!と来ても、

泣け!と来たとは別のことで、

かかった鍵を解除される場合には、

泣いてしまう。

そんなドラマは、泣けるドラマになる。

 

そして、それ以上に良いドラマは、

泣くことを予想していないのに、泣いてるドラマだろう。

 

NHKでの『プラスチック・スマイル』もそんなドラマだった。

そして、今回の

「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」も、

泣くことを強要されてもいないのに、観て泣いていた。

 

そんなドラマに百田さんは、

主役としてや、重要な役どころで出演してる。

 

贔屓目なくて、自然な演技。

 

今回のドラマを見ての感想。

百田さん、不細工な顔が上手いな。

すっぴんで、

落ち込んで、

途方に暮れて。

 

楽しい感情を忘れた人の不細工な表情。

百田さんは、

「役者だ」って思った。

 

それと、土屋太鳳さんとの声の相性が、いいよね。

二人のデュエットは、ずっと聞いていられるぐらいの心地よさ。

 

ずっと昔からそうであったかのような自然さ、

二人で歌ってきたことのあたりまえ感が滲み出ている歌声だった。

 

それにしても不思議なドラマだ。

不思議な観後感だ。

タイムスリップ劇は、

そこが浮いてしまうことが多いけど

このドラマは、タイムスリップしたことが気にならなかった。

そこもドラマにすんなり入り込めての、

泣く予定もないのに泣いた理由かな。

 

主人公が小沢翼で、百田さんが大空つばさ。

Wつばさか。

 

そんな二人。

f:id:hplfthks8:20190219170145j:plain

写真はナタリーから。

natalie.mu

大空つばさ

なんか聞いたことあるな。

 

大空翼

 

だとすると大空つばささんの、本名は、

「岬」さんが良かったかも???

(そんなわけない。そんなことを入れるようなドラマじゃないもんな)