BUBKA 19年4月増刊号:あれから1年~百田夏菜子さん

2018年1月。

百田さんでさえ『付いてこい』とは言えない心境だった。

(そんな中、『付いてこい』と叫んだ高城さんは、かっこよかったな。

現リーダーが、心弱った時。その時が、元リーダーの出番だと。)

 

2018年1月。

メンバーも、僕達も、大きな衝撃に包まれた。

 

その衝撃を受けたまま、

2月のバレイベを迎えた。

 

ももクロメンバーは、新しい歌割と振付を覚えることが、

雨あられと振り続き。

 

バレイベに集まった僕達は、

新しいももクロがどうなるかの不安と、

信じたくない事実を確認することの非現実感で、

言葉にならない意識が充満していた。

 

あれから1年。

 

メンバーにも、僕達にも濃厚な一年だった。

 

1年たったバレイベ。

 

そのタイミングで、

『人生』がテーマのももクロ記事が、BUBKAで展開される。

 

百田さん。

1年前。

4人でももクロを”続ける”ことには変わりなくても、

今まで通りであることに疑問を抱いて、

改めて自分に向き合ったと。

 

人生最大の決断をした。

というか、悩んだ。

そうなんだって。

www.bubkaweb.com

 

皆が斜め上すぎるとつぶやいていたことは、

本当に斜め上。

 

落としたとか、

どこかに忘れたとかじゃないからね。

今の世の中、あまり聞かないよ、この言葉自体。

 

よりによって百田さんの身に。