AL『MOMOIRO CLOVER Z』3点レビュー:あんた飛ばしすぎ!!

作った人、(各クリエーター)

歌った人、(各ももクロ メンバー)

聞いた人。(MUSIC MAGAZINE )

 

同じ曲に対して、同じ感情を持つのか?

違う思いなのか?

 

それぞれエッセンスを比べてみよう。

 

▼作った人、(オークラさん)

恐ろしいスピードでバージョンアップしている彼女たちの

”新しい自己紹介ソング”。

ももクロが変化したら歌詞も変化すればよい。

 

▼歌った人、(高城れにさん)

今まで以上に進化した私たちを、『コイツら、おかしくなったんじゃないか!?』

今までとは別のところからのアプローチした自己紹介ソング。

 

▼聞いた人。(鈴木妄想さん)

名前を名乗ってそれぞれのパーソナリティをアピールするという

”自己紹介ソング”のフォーマットのど真ん中のアイドルソングの定番を、

ゴリゴリのパンクロックでぶちかます。という尋常のセンスではない。


【ももクロMV】ももいろクローバーZ『あんた飛ばしすぎ!!』Music Video

 

アルバムが発売されたときに、

百田さんが『初めて聞いたときに腹を抱えて笑った』歌があったという旨の話をしていたが。

その歌について、僕は間違って考えていた’が、

よくよく考えたらこの歌だよね。

 

 

この歌先行シングルだったので、それが舞い違った理由だな。

 

この歌。演奏はオリジナルのGARLIC BOYSを起用しているのが、

宮本さんの正しいところだと思う。