今年楽天が優勝したら話が出来すぎだが、もし本当にそうなったら、その時僕は少し泣く。たぶん泣く。いや必ず泣く。そんな気がする。

あの日から10年目の都市。

 

田中将大投手が、アメリから戻り、楽天に入った。

10年目の年だから帰ってきた。

 

そんな田中将大投手の名前のアルバムがもう少しで出る。

natalie.mu

田中投手が、日本球界復帰するだとか、

それも楽天に入団するとか、

全く頭になかった時に、このアルバムは、計画されて、

作られて、発売日が決まったんだろうね。

 

その後の出来事を予想もしなくて、

楽天のスタジアムでジャケット写真を撮って。


ももいろクローバーZ / ALBUM『田中将大』ジャケットMAKING MOVIE

 

それにしても、アルバムタイトルに『田中将大』をつけるセンスと、実際につけようとする判断と行動と、それをOKする勇気と。

 

相変わらず宮本さんを頂点としたももクロ陣営のレコード班の、ぶっ飛び具合に驚き、尊敬すら感じる。

 

OKを出した田中投手の心の広さ。

肖像権は、本人が持ってるんだろうな。どうなんだろう?

 

偶然に発生したことを、さも必然のように対応し、

物事を進める。

 

そして、今年楽天が優勝したらさ。

あの日から10年目の東北を拠点とした楽天の優勝は、胸に迫るものがあるよね。

 

そして人々は思うよ。

今年初めに出たアルバム『田中将大』が果たした役割を。

このアルバムの中の曲が、田中将大投手のバックで流れるとき、

楽天は全て勝ってきたと。

このアルバムの発売が決まってから、

実際に田中投手が日本球界復帰したと。

 

そう、全てはこのアルバム『田中将大』は、全ての始まりだったと。

 

*久しぶりに、妄想を書きなぐった。

 

今日の最後。

フォーク村の玉井さんが、キュートすぎる。

f:id:hplfthks8:20210220005245p:plain

きくちPさんのツイッターから