はじめてのももクロChanは、「はじChan」と略して言うのが正しいのか?

はじめてのももクロ。略して、はじクロ。

では今度YoutubeにUPされた《はじめてのももクロChan》。

略すると、《はじChan》ですかね。


www.youtube.com

 

祝10周年。

10年間の内容を1時間半弱にまとめて。

それでも面白さ満載だけど。

前から観ていた人は、この動画に採用されなかった回や場面で、お気に入りがいっぱいあるんだろうな。

 

黄推しとして見逃せない「玉井美容室」が入っているのは、ありがたいね。

この場面で、6面中1面しかない選択をサイコロで出す持ってる運と、そこからつながる涙。そして、最後いやなことをすっかり忘れたような笑顔。

 

今回画面を切り取って笑ちゃう場面を載せると。

f:id:hplfthks8:20210410132728p:plain

はじめてのももクロChanから

f:id:hplfthks8:20210410132815p:plain

はじめてのももクロChanから

大好きな百田さんと二人っきりで出かける気だったのに、その大好きな人が、その思いを察知してくれなくて、みんなを誘おうとしたときの玉井さん。

全くの”虚無”。

 

こんなシチュエーション、多くの人が体験してるよね。

僕も若かりし頃。

 

でも、玉井さん、切り替えが早いから、みんなを一気に引き込んでノリノリになろうと一人先陣を切って、踊りだす。

 

f:id:hplfthks8:20210410132856p:plain

はじめてのももクロChanから

 

この切り替えの早さ。さっぱり感。

《はじめてのももクロChan ーたまノフへ向けてー》

を出してほしいな。玉井さん中心回や場面と集めたVer.

当然、ほかの3人分もね。

 

ももクロが、バラエティー能力が高いのは、ももクロChanに出ていたことが大きいと思う。当然、ももクロChan以外にも、Teamももクロは、7番勝負とかで、初期のうちにバラエティー体験させてたし、そもそも演出に佐々木敦規さんを持ってきたのは、川上さんだし。

周りの環境が、バラエティーに溢れていて、その中で10年間も、ももクロChanを続けていたのは、バラエティーをずっと実践する場があったことなので。

 

でも、そもそもは、ももクロメンバーの素として持っていたバラエティー能力が、そもそも高かったんだろうとも思う。

 

ももクロChanを始めたのは、そもそも、ももクロメンバーにその能力を感じたからと、さちひろが言っているし。

f:id:hplfthks8:20210410132954p:plain

はじめてのももクロChanから

 

東京03の飯塚さんによれば、ももクロは『こうしてくれというのを、まったくやらない。ノールール』

 

永野さんによれば、『何でもあり』

 

ももクロChanとは関係ないけど、ニッポン放送ごぼうこと吉田アナによれば、

ももクロはフリートークが一番面白い。』

 

結局、ももクロメンバーが、自由気ままにふるまい、しゃべることで、全てが成り立ち、そこが面白くなる能力を持ち合わせているのが一番だろうな。