久しぶりにHotel California聞いて ; 玉井さんの単独雑誌表紙バンザイ

僕がイントロが好きな曲を聞かれたら、

真っ先に2曲出てくる。

 

それが、これEagles の Hotel California

そして、

Zeppelinの Stairway to Heaven。

 

どちらもギター始まり。

ロックに興味を持ち、

ギターに興味を持ち。

 

美しい音色が好きで。

 

ということで、一番ロックを吸収していた時に出会って、

どちらも曲中に12ギターを使用して。

 

とにかくイントロが優しく始まるのがいいんだよな。

 

何故そんな話をしたかって?

 

玉井さんの表紙のギター雑誌が、ホテルカリフォルニアの文字をアピールしてるから。

 

それ以上に、僕には玉井さんがアピールしているのだが。

 

f:id:hplfthks8:20210718001852j:plain

ここ一か月以内に買った雑誌

 

単独で玉井さんが雑誌の表紙に起用されるのがただ嬉しい。

 

インタビュー記事も載ってるけど。

玉井さんがギターに目覚めたことに対し、フォーク村の影響が大きくて。

 

そして、フォーク村でギターを頑張っているから今回の表紙起用だと思うし。

 

ありがたい。

 

フォーク村でギターを弾く玉井さん。

最近、歌いながらアルペジオスムーズにできるようになったもんな。

ギターができない僕は、その努力に尊敬しかない。