映画 都会のトム&ソーヤ ;ポイントはスタダではなかったのか!?

僕みたいに中学生の子供がいない場合には、

映画 都会のトム&ソーヤは、その映画自体を見に行くのではなくて、

出演者を観に行くことになる。

 

で、玉井さんのジュリアス・ワーナーを観に映画館へ。

 

f:id:hplfthks8:20210801001810j:plain

玉井詩織さんのジュリアス・ワーナーと原作の人物画(パンフレットから)

玉井さんが言うように原作に合わせのではなくて、独自のジュリアス・ワーナーになってるんだけど、年齢不詳の役でした。

 

小生意気な少年(決して子供ではない)を演じたけれど、カッコよかったです。

顔がシャープでね。ウイッグをかぶっていたと思うけど、ヘアスタイルと髪の色からか、顔の形がきれいな逆三角形でね。

 

その服装と話し方で美形の少年になっりきっていた。

www.youtube.com

 

最近の玉井さんは、顔は卵型に近くなってる気がするのでね。

最近の玉井さんと映画の玉井さんの顔の雰囲気違って感じたな。

 

今回の映画はスタダ俳優揃い。

スタダが開催したオーディションのご褒美映画だから。

だから玉井さんの出演が決まったと思うけど。それでも、今回の役は、玉井さんにぴったりはまっていたから満足。

 

映画のストーリーは、当然子供向けだけど。

普段謎解きに触れていない僕には、結構謎解きが新鮮で。

特に、フィボナッチ数列は、恥ずかしながら初めて知った。

面白い性質を持った数列だね。

アンモナイトの形とか、今調べてわかったけど。

この映画見てためになったな。

 

という感じで、なぞ解きを楽しみたい人にも楽しいんじゃないかな?

 

最後に映画のタイトルが出てくるパターンね。

 

確か映画 幕が上がる もそうだったよな。

この前の、映画 すくってごらん もそうだったような記憶が。

 

と思いながらエンドロールを見ていた。

 

そこに見慣れたプロダクション名が。

 

ROBOT

 

あれ?映画 幕が上がるはROBOTだったぞ。

あれ?映画 すくってごらんもROBOTだったぞ!

 

あれ?玉井さんがこの映画に出演したのは、もしかしたらROBOTだったから?