最近の記事

色々ようやく落ち着いたので、
追いきれていなかった最近の記事を。

DOME TRECKの映像と、
アメリカ横断ウルトラライブが続いたので、
ももクロが、出まくって。

嬉しいけど、
追いきれないという。
若干のストレスを感じていた。

先ずは、海外。
LAライブの模様と、インタビュー。
[ライブレポート] Momoiro Clover Z in Los Angeles (The Wiltern, 2016.11.17) - Kawaii Kakkoii Sugoi

ライブの英語版。
[LIVE REPORT] Momoiro Clover Z in Los Angeles (The Wiltern, 2016.11.17) - Kawaii Kakkoii Sugoi

インタビュー。
[インタビュー] ももいろクローバーZ (The Wiltern, 2016.11.17) - Kawaii Kakkoii Sugoi

今回の海外ライブの記事が残るのは、うれしい。
思い出すね。

海外での和風ももクロ
写真も、記事を掲載した《Kawaii Kakkoii Sugoi》から。


変わって、DOMETRECK記事。
オリコン
ももいろクローバーZ、ドームライブ振り返る 朝ドラ出演の百田にメンバーが…… | ORICON NEWS
相変わらずももクロのフリートークは面白いね。
インタビューなので、完全なフリーじゃないけど。

実際の、BDで高城さんのタップダンス練習風景も見てから、
この記事の中で、高城さんの練習についての、
メンバーのツッコミを読むと。

一段と面白い。

メンバーの中の一人が主演したドラマの主題歌をももクロが歌う。
それは僕も希望する。

そしてナタリー。
ももいろクローバーZ「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS / 白金の夜明け”」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

確かに、”DOMETRECK”と”ももたまい婚”じゃ、
振れ幅が広すぎて何をか。。。ですが。

書いてあるように、”ももたまい婚”が、
お客を含めて成立するところが、
ももクロたるゆえんなんだろうね。

それと今回も、最期がフリートーク状態になって、
上手く落ちてるね。

本当に息があってる。

最後は、ビルボード
ももいろクローバーZ ライブ・ヒストリー MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け” | Special | Billboard JAPAN

国立から、
ももクロが、
“笑顔を届けること”を新たな標榜として掲げ始めたこと
と書いてくれてる。

記者は、ももクロ良く知ってるよね。
モノノフかな?
と思えるくらい好意的な雰囲気が伝わる。