ももクロとの時代-ここからはずっとMCZのターン-

2013年からモノノフ、2020年から四池さんデビューなるか?そして株

ここ最近の4人 2020年1月28日

★百田さん

相変わらず美しい。

何だろう?

可愛いと美しいを併せ持ったものが醸し出てる写真。

 

www.instagram.com

 

 

★高城さん

この前の吉田さんとの写真。

多くの人がそっくりといっていたけど。

個人的には、インスタの2枚目が一番そっくりかと。

そっくりというか、吉田さんの瞳に何か映ってるよね。

それくらい瞳がきれい。

f:id:hplfthks8:20200129002635p:plain

高城さんのインスタから レスリングの吉田さんと

www.instagram.com

 

★佐々木さんは、JA浪江

佐々木さんからは離れるけど、愛来顔小さい、首筋が涼しげ。

浪江に行けていないから、どこかで時間作らないと。

 

www.instagram.com

 

★玉井さん

相変わらず はぁ⤵ とため息をつく。

芳根さんとのツーショットが、似すぎて。

そうなると、はぁ⤵と何回もため息をつく。

www.instagram.com

 

 

 

 

AL:5TH DIMENSIONを絶賛する回 ;スタダアイドルフェスにて 

2013年4月 ももクロの2nd ALとして発売された《5TH DIMENSION》

僕は、このALを、定期的に絶賛したくなる時が来る。

 

アルバムの内容そのものもそうだが、

このタイミングで、このアルバムを出すことを選んだ川上さんと

キング宮本さんに、最高級の謝辞を述べたくなる。

www.5thdimension.jp

 

この前も書いたけど、このアルバムに収録された「灰とダイアモンド」は、

今後も歌い続けられるし、今後ももクロに困難なことが起こっても、この歌が

歌われたときに、ももクロがその困難を乗り越えた証になる歌だと思う。

 

今現在が、2020年1月。ももクロメンバー4人の年齢は、26歳、25歳、24歳、23歳。平均、24.5歳。

2013年4月は約7年前。4人の平均年齢17.5歳の時。平均高校3年生。高校3年生で、ももクロは、単なるアイドル路線からアーティスト性を高くすることに舵を切った。

 

多分僕が、今もなおももクロのファンであるのは、このことが大きな理由の一つ

だと思ってる。アイドルにはまることは個人的にハードルが高く、それを悩みをばねにして勢いで乗り越えたけど、そのままでは簡単に、ももクロから離れることもあり得た。それがこのアルバムが出たことで、単なる若く可愛い(変わったでもあったけど)アイドルではないとの確認ができて踏みとどまり、今に至ってる。

 

平均高校3年生で「灰とダイアモンド」を歌った。

これを決断した川上さんと宮本さんは、将来を重要視していたんだろうな。

 

どうしてこのタイミングでまたこの想いが出てきたか?

スタダアイドルフェスで、妹分アイドルのことを多く知ったけど、年齢がさ、

18,19歳とかが結構多くて。いわゆるアイドルソングを歌ってて。

ももクロは、既に5TH 出してたんだよなって思った次第。

 

なお「灰とダイアモンド」の作曲は、前山田さん。

怪盗や猛烈に代表される歌とは、色合いをかえて、作曲家としての力量を

感じたよね。

そんな前山田さん。

 

たこ虹の新曲の作詞、作曲をしていた。

この歌は、カウコンでも聞いたけど、全く前山田さん作とは気が付かなかった。

フォーク村で、玉井さんが発したのをきっかけで、確認したら、前山田さんだった。


たこやきレインボー / もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-

玉井さんを愛でる回 ; しおこうじフォーク村

フォーク村に出演してくれたクミコさんのブログが素敵すぎてさ。

抜き出してしまう。

 

 

ももクロちゃんの歴史は、アイドルの歴史でもあるけど、それだけではないような気がする。

このグループを愛する人たちの歴史でもある。

一生懸命育てたスタッフの歴史でもある。》

ameblo.jp

 

僕は、”このグループ(ももクロ)を愛する人たちの歴史”の端っこにもいることができているのかな?

その歴史は何だろう?

確実に言えるのは、僕の歴史の中で、ももクロとの出会いは、最上級の出来事の一つだということ。

人生の何分の1かは、ももクロと歩んできたからさ。

そう考えると。

 

ももクロを愛する”とは何だろう?

 

好きだからももクロを応援してる。、

ももクロが、ファンに愛情を注いてくれるから、

ファンは、ももクロに愛情を返す。

 

ももクロを愛する”とは、ももクロからもらったものを、返してるんだな。

少なくとも僕はそう。

ももクロからもらってばかり。

つらかった時とか、

悲しかった時とか、

落ち込んだ時とか。

そのたびに、うつむいた顔を上げ、前を向く力をもらってばかり。

愛をもらったら愛で返す。

 

ようやく玉井さんを愛でる。

f:id:hplfthks8:20200126005459p:plain

玉井さんのインスタから

www.instagram.com

 

フォーク村の衣装。

 

”愛でる”って、美しいものを見て美しいと感じて、

美しさにため息をつくことだよね。

 

もうさ、玉井さんの写真をも見てため息をついて、この話題は終わるんだよね。

 

しおこうじフォーク村。

玉さんのMC力と、ギター演奏、当然歌を歌うことを育てる番組でもある。

 

幸せだな。

僕が。

毎月一回は、番組で玉井さんを観て、そして玉井さんの向上してゆく様を追っていける。

JA浪江のインスタから。

www.instagram.com

話変わるが、シンデレラの投票。

小島はなさんにした。

投票紙に書く寸前に変えた。

何故か応援しなくっちゃいけない感が強くなって。さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

エビ中を絶賛する回 ; in スタダアイドルフェス

この前も書いたけど。

スタダフェスの時のエビ中が良かった。

最高に良かった。

特にラスト2曲。

まずはこれ。


私立恵比寿中学 「自由へ道連れ」from 椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」

 

椎名林檎が、アイドルに書いた曲では無くて。

椎名林檎が、自身で歌うために書いた曲。

 

それを10年目のエビ中が歌う。

当日はさ、この動画よりも格段に歌の世界に入っていたからね。

この動画が、18年だから、そこ以降の時間が、更に歌に説得力を重ねていた。

 

ももクロもさ、僕がはまったときは、お世辞にも歌がうまいとは思わなかった。

そこからずっと追ってきたから、上手くなってくる過程を知ってるけど。

 

エビ中もさ、僕が知ったとき、つまりももクロにはまったときにその妹分として知ったけど。”不安定な歌唱”そのものだったから。

それでエビ中は追ってないので、上手くなっている過程知らないからさ。いきなり上手くなってるから、びっくりするやら、感動するやら。

 

椎名林檎だからね。

僕の中では椎名林檎は、少し暗くて、小難しい歌を歌うイメージで。

その小難しい歌をエビ中が歌ってるんだからさ。

 

そしてジャンプです。


ジャンプ Live at バンドのみんなと大学芸会2019エビ中のフルバッテリー・サラウンド

 

問答無用でいい歌。

何回聴いてもいい歌。

 

個人的、2019年初めて耳にした歌の中では、もっともよかった歌の一つ。

特に二番。

《毎年増えるろうそく 穴ぼこの空いた心に》

が心にしみて。

 

誕生日に毎年増えるバースデーケーキに揺れるろうそくの火。

でもさ、その分、つらいことや、悲しいことや、嫌なことが穴ぼこのように増えるんだ。

エビ中も10年選手。年を重ねたよね。良い年の重ね方をしてるよね。

僕にできること;スタダのシンデレラからの寄り広い世界へ向けて

あの場所にいたということは、

そしてシンデレラとして、クラウンポップの三田さんの名前が告げられた瞬間に立ち

会ったということは。

 

その時から会場の総意で、三田さんを推そうとなったということだよね。

そういうイベントだったんだよね。

 

だから僕も、できるだけのことはしなくっちゃ。

 

でもね、直ぐにできることは、たかが知れてますよということのごめんなさいを。

去年あたりから、個人的に、体力、時間、財力が許す限りは、ももクロの現場には行くと決めて。実際にそうして。結果、戦線が拡大したんですよ。そして、補給路がともしくなったんですよ。でも、C&Kを、フェスのももクロ現場で知ってしまって。それで、今年は、C&Kも個人戦線に加える予定ですでに動いているので、補給路がいつ立たれるか、あるいは心配無用になるのか?実際には、まだわからなくて、これからなんですよ。どうなるのかな?????

 

三田さんを、そして三田さんが所属しているCROWNPOPを応援するのは、まずは戦線に影響を与えない程度からことで。

 

クラポの公式ツイッターをフォローしました。

三田さんのインスタをフォローしました。

 

そして出たばかりの新曲の再生回数を増やすことを頑張りましょう。1回でも多くと。


【MV】CROWN POP「真っ白片思い」

 

横アリで初めて聞いたけど。

出だしの歌詞がいいよね。

出だしだけで、季節は冬なのがわかるし、

彼女は、彼氏にまだまだ慣れ親しんだ関係まで行っていないこともわかるし。

作詞は、”NOBE”さん。

走れ!の作詞家でもある。

そう聞くと、やっぱりねって、そう思うよね。

ももたまいは今日も尊い ; スタプラフェス雑記

一つのイベントで三日に渡ってブログを書くとは。

それだけ、内容が濃かったということで。

 

まずは二つ謝罪を。

◆シンデレラに決まった三田さんに「尊敬する先輩は?」と訊いた百田さん。

答えがエビ中の柏木さんだと知った後に、「よく言えたな!」と、

僕は百田さんが発したと固く思ってたんだが、TVに流れたで確認したら、

「よく言えましたね」と、後輩に優しく語りかけていた。

百田さんごめんなさい。僕は、百田さんのことを口が悪いとしか思っていないようだ。そんなことは決してないんだね。

 

◆灰ダイの「砂に巻かれても」を、玉井さんのソロ歌唱だと固く信じてたけど、実際は、高城さんと玉井さんにによるユニゾンだったんだね。

これに関しては、玉井さんも、高城さんに謝らなければと話をしていたけど、やっぱりモニターに映ったのが玉井さんだけで、聞こえてくる声も玉井さんだったので、ソロ歌唱と信じた。実際は、高城さんの声も聞こえていたはずだったんだ。

 

そして感じ、思ったこと二つ。

▼2018年の春の東近江の空の下。4人になっての灰ダイでこの「砂に巻かれても」を

あーちゃんが歌い切った。それを聴いて僕は、4人のももクロは大丈夫と思ったものだ。そして今回、そのあーちゃんがのどを痛めて歌えなくて。それをタ行コンビで、当然のことのように歌い切って。

 そして僕は、今後何がももクロに起きようと、この4人なら何食わぬ顔して(裏での努力は見せず)乗り越えるんだと改めて確信した。ももクロは永遠だ。確かに本当に永遠のものはないかもしれないが。多分、いや必ず僕のほうが早くくたばる。僕がくた

ばったときに、ももクロがまだ活動していれば、僕の中では、ももクロは永遠だ。

 

▼すでに書いたけど、アイドルメドレーでトリの番号を運んでくれたのは、自分の尊敬する柏木さん。(そして、高城さんも)そこで歌った歌は、ももクロの走れ!!

そして今日知ったのが、シンデレラに決まった翌日から新曲のリリースイベントがあるという新規ファンが行こうと思うベストタイミング。更にその新曲を作詞したのが、走れの作詞家という、偶然のつながり。でもやはり運命を感じるよね。

いろんな偶然が、同時に起こらないと飛びぬけることはできない。一つぐらいの偶然

じゃだめだ。力が弱い。

三田さんも、所属するグループであるCROWN POPも運は持ってると思うよ。大切だよ。

 

百田さんのインスタから。ももたまい。

二人とも美しい、尊い

www.instagram.com

 

 

「ミューコミプラス」 presents スタプラアイドルフェスティバル~今宵、シンデレラが決まる~:1日たって

シンデレラ関係は昨日書いたので。それ以外。

★アイドルメドレー

  僕はメドレーは、シンデレラを決めるためのメドレーだけかなと思っていたら、

 全出場アイドル全員が参加するメドレーが始まった。

  西武ドーム 夏Sでのメドレーが、その規模を生かした神出鬼没感で感動をく

 れたのに対し、今回は会場の大きさと出演アイドルの数の関係で、歌ってる人の楽し

 気な感じが直に伝わってきての感動を受けた。

★たこ虹

  スタダ4姉妹の末っ子。スタダ4姉妹って、久しぶりに使った。

  蝦鯱蛸の中では、個人的には生で観た回数が多いのはたこ虹。ももクロの外周ス

 テージで何回か見たし、沖縄でも見たし。

  何かな?個人的には、末っ子だから気になる感じかな。ももクロ以外だと、たこ虹だと思う。

 と、誰推し?となるのだか。前は、MCの上手さで堀さんだったけど、その次にギ

ターを弾く姿がかっこよくて彩木さんだなって思ったけど。昨日判った。まいまいだ。

気が付いたら、たこ虹のステージの半分ぐらいまいまい見てた。今だ自分でも理由がわからない。声かな?何だろう?

★シャチ

 TEAM SHACHI。改名前改名後合わせても生で観たのは、夏Sのみ。今回で2回目。そして、ブラス民というブラス隊を引き連れてのパフォーマンスは、初見。

 かっこいいね。ブラスの音が、他とは違うことを証明していて。良い方向!と。

 そして、夏Sの時も途中でぶっこんで来たアピールボードを使っての、アピールタイム。今回も出ました。そして、今回は”みてみてこちっち”に乗せてと。吉田アナも話してたけど、今回のイベントに力入れてきたのが、ひしひし分かった。

 それと、スタダ アイドル 地方組のTOPとしての矜持。東北産と鯛をステージに上げての、盛り上げてゆこうという意気込みや。

 

 一応、桃以外も蝦鯱蛸は、ツイッターフォローしているので、最小限の各グループの活動は把握してるけど。鯱蛸は、名古屋と大阪で、地元に根づいての活動ができてると思ってるので、東京を中心に活動していないデメリットもあると思うけど、東京ではない場所で活動しているメリットもあるのでね。

 

エビ中

 最後の2曲。

 ”自由へ道連れ”から”ジャンプ”の流れが良すぎる。

 低めの歌声に、この2曲がマッチして。この2曲は、アイドルじゃないよね。是非ともこの方向を突き進んでほしいな。全曲この感じになったら、それはそれで息が詰まりそうになるかもしれないので、明るい曲も織り交ぜて。それでも、 ”自由へ道連れ”から”ジャンプ”の流れを続ければ、明確にももクロとは別路線での進路が輝く気がした。

 生で聴くのが2回目のジャンプ。やっぱりこの曲いいよ。個人的な大絶賛が止まない。

 

ももクロ

 僕はやっぱり、ももクロが好きだな。やっぱり一番幸せを感じるもの。今回のイベントでも。

 今回は、あーちゃんがのどを痛めて、歌わずダンスのみだったけど。

 『あーちゃんのおかげで私たち大変なんだから』と口では言いつつ、心の中では

「しょうがないな。大丈夫任せておいて」と思ってるお姉さん3人と。

 『今回は、迷惑かけてごめんなさい』と声を出せないので動作で表しつつ、心の中では「私の代わりに歌ってくれてうれしい。ありがとう」と思ってる末っ子。

 そんな4人が、突っ込み突っ込まれつつ顔には笑顔があふれている。

 そんな4人を見て僕は、「なんて幸せな空間なんだ」 と。

 

 そして僕は、あーちゃんに感謝する。

 それは、灰ダイ。「砂にまかれても」を、あーちゃんの代わりに玉井さんが歌いあげたのだから。その現場に僕は、居合わせ、それを聴くことができたから。

 玉井さんだよ。「砂にまかれても」を歌ったのは玉井さんだよ。かつて、ライブ二日目声が出なくなって悔しさに泣き。そして歌にコンプレックスがあると口にした玉井さん。ウソ偽りなく、玉井さんの「砂にまかれても」を聴けただけでも、今回のイベントに参加した意味があった。

 

 

blog.stardust.co.jp