「ももクロ春の一大事2019 in 黒部市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜」DAY2

先ず一言。
メンバー、歌声をビジュアルも絶好調で最高。

 

平均年齢24歳と、半自虐ネタあったけど。
大人になったからの美しさではなくて、
正しい基礎に、行いの良さからくる美しさが、
開花してきた感じ。

相変わらず、パフォーマンス中に自由に行動するんだ。
じゃれ合ったり、怒ったふり(これもじゃれているの裏返しだ)して、
本来とは違う動きをする。
でも、これが観ていて楽しいんだな、
今まで本来とは全く違う動きをしていたのに、
合わせる瞬間は、本来の振りで、ぴたっと合う。
何故かな?考えた、

メンバーは、本来の動きが無意識でも踊れるくらい解ってる、だから、
応用が利く。
見ている方も、メンバーが本来の動きを解っているのを理解しているので、
安心して観ていられる。

だってさ、僕がハマった時期は、どっちかというと、
不安だったもん。(何が?)
;
オーラス。
キミノアト。
イントロは、宗本さんのピアノのみ。
そのピアノも止まり、歌い出しは、百田さんの歌声のみ。
その後他のメンバーと、ピアノが入ったけど、
一番は、伴奏pianoのみ。

こんな歌の届け方が、できるようになったんだと、
感動した。

 

雨模様は、富山(黒部周辺)のみで、
日本全国、ほかの地域は晴れだったそうな。
それも逆の意味ですごいな。
今までのあーちゃんに加え、
今はレイニーれにちゃんも加わったからね。
でも途中ポツリときたが、何とか持って、
終焉1時間後ぐらいから本降り。
雨模様のいつもの展開。

 

声を延ばすところ。

吠えろの百田さんや、

ゴルヒスの高城さん。

もはや安心して聴いていられるし、聞かせどころになってるけど。

佐々木さんや、

玉井さんも、声を今まで以上に延ばせたら、

このメンバーはどこまで行っちゃうのか?

なんかもう、追いつけないかもしれない。(誰が?)

 

最後のMCで、

玉井さんが、

これからは、”ももクロのことを好きでもない人にも、笑顔を届ける”的な思いを述べたんだ。

そうなったら、笑顔をはどこまで繋がるんだろう?

 

今日の最後に。

玉井さん。

最高に可愛かった。

相変わらず美しく、チャーミングだった。

ボブ最高。

f:id:hplfthks8:20190421112636j:plain

会場に到着。ステージ裏が見える。

 

f:id:hplfthks8:20190422012318p:plain

会場ついて直ぐにメンバーとサインが、ポスターでお出迎え


 

Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展(1)

中腰で腰のあたりのギターがじゃやややんと鳴って、

ギターから離した腕の肘を肩の高さ、両手をだらんと下げて。

加え煙草のままで、もう一度ギターをかき鳴らしたらキースリチャーズだ。

テクニックや速弾きなんて関係ない、ハートに響くかどうかが重要だ。

 

腰をくねらせ、胸と唇を突き出し、

スキップ気味に花道を進む。

吠えて、右左に顔を振り、情熱的な欲望を感じたら、

それがミックジャガーだ。

美声や広いオクターブなんか関係ない、ハートに届くかどうかだ。

 

ぶれないスティック。

ぶれないテンポ、ぶれない音圧。

クールに笑いもせずドラムセットに囲まれているのが、

チャーリーワッツだ。

でも、時々見せる笑顔を見たら、

人はそのチャーミングさに驚くだろう。

 

永遠のギターキッズ。

ギターをそれは嬉しそうに、

楽しそうに、

いつも笑顔で。

出しゃばらず、でもいつもそこに居るのがロンウッドだ。

 

と言うことで、会場内撮り放題だった写真をいっぱい

f:id:hplfthks8:20190415121149j:plain

入口

f:id:hplfthks8:20190415154305j:plain

桜とストーンズ

f:id:hplfthks8:20190415122646j:plain

じゃがー!!!にベロ

f:id:hplfthks8:20190415122925j:plain

いよいよ中へ

f:id:hplfthks8:20190415123850j:plain

奇跡はたまにしか起こらないから奇跡なんだ。そう思う。

同じ時代、同じエリアに生まれ育ち。

当時珍しかったブルースに興味を持ち、

同じようなアルバムを抱えて、同じ駅に立っていた。

それがミックとキースの出会いだ。

その時の奇跡が、今もずっと奇跡のように続いている。

f:id:hplfthks8:20190415124028j:plain

結成当時メンバーが住んでいたアパートを再現。

ライブハウスに出演が決まってバンド名を聞かれたブライアンだ、

目の前のアルバムにクレジットされていた曲名を名前として電話で伝えた。

それがストーンズ

f:id:hplfthks8:20190415124653j:plain

チャーリーのドラムセット。

f:id:hplfthks8:20190415124554j:plain

本物

契約書やら、ファンクラブ向け回答やら貴重な、そして歴史的な資料が一杯。

初期の出演料は、10ポンド強ぐらいだったとか。

 

f:id:hplfthks8:20190415124310j:plain

ギター♪

メンバーのギターがこれ以外にも多数展示。

今週=IJIMEQUEST415 ⇒ 春一 黒部

今週月曜日は、年休を取って。

朝は月命日として奥さんの墓参りをし。

そこから五反田で、Stones展。

stonesexhibitionism.jp

 

そして有楽町で、IJIMEQUEST415。

久々に有意義な年休だった。

Stone展での購入品。

f:id:hplfthks8:20190419001511j:plain

目録とトートバッグ

 

IJIMEQUEST415での購入品。

週末の黒部は、まだ寒いらしいので、パーカーを購入。

旗は、全員に配られたもの。

f:id:hplfthks8:20190419001858j:plain

パーカーと旗

 

そして春一に事前通販での購入品。

コインケースは、思ったよりも大きいので、

別用途で使うことにする。

f:id:hplfthks8:20190419002218j:plain

コインケースとペンラ

 

その他。

新アルバム特典のキネマ倶楽部での《特別な》ライブは、安定の落選。

 

そして、まるで10周年イヤーの最後を華々しくするためにいろんなことが発表された。

prtimes.jp

 

お二人から野球の話は、聴いたことないので。

以外。

でも、都内でも売っていれば買うよ。

 

フマキラーのCMに起用された。

natalie.mu

 

フマキラー製品買いますか。

 

この記事凄いなって。

給食までももクロだぜ。行政に深くももクロが浸透しているがわかる。

今日の最後にするけど。

給食に『ももクロ』だよ。

www.47news.jp

 

また書くけど、この記事凄くない?

給食だよ、給食の献立にももクロだよ。

春の風は麗しい

特に春一の風は。

 

風を吹かすのは、いつものHUSTLEPRESS。

 

メンバー。ますます大人びて。

落ち着きが麗しさを増す作用してる。

 

f:id:hplfthks8:20190417003020j:plain

HUSTLEPRESS 井上さんのツイッターから高城さん。

f:id:hplfthks8:20190417003148j:plain

HUSTLEPRESS 井上さんのツイッターから 夏菜

f:id:hplfthks8:20190417003359j:plain

HUSTLEPRESS 井上さんのツイッターから あーちゃん

最後は、玉井さん。

ふんわり髪の毛。

 

f:id:hplfthks8:20190417003851j:plain

HUSTLEPRESS 井上さんのツイッターから 玉井さん

 

最後は4人で。

今度のアルバムの初回限定版Bのジャケット。

f:id:hplfthks8:20190415183817j:plain

ナタリーから

natalie.mu

 

このアートワークに負けないためには、どんな音楽が詰まってるのかな?

ますます楽しみだ。

IJIMEQUEST415

僕もいじめとは無縁じゃない。

小学校の時、何故か僕のランドセルが田んぼの中にあった。

小学生の僕は考えた。

泣いたり、怒ったりしてはダメだ。

何事もなかったように、ランドセルはそのままに家に帰った。

その日の夕方、ランドセルは戻ってきた。

友達が届けてくれた。

その問い何かを掴んだんだ。

でも、僕も加害者になったこともある。

消極的な加害者だ。

小学校の教室の男の子が、その女の子とは関わりたくなかった。

しゃべってるとこを見られるなんて、考えたれない。

僕もそうした。

誰が言い出したかも、

誰がやりだしたかも知らなかった。

気が付いたら、そうだった。

その時は、いじめだなんて思わなかった。

殴ったりしているわけではなかった。から。

 

10代の終わり頃、その子が亡くなったと風のうわさで聞いた。

死亡理由も、死因も関心が無かった。

ただ、噂としていいただけだ。

 

今日は、4月15日。

良い子の日と言うことで、IJIMEQUESTが、開催された。

ijimequest415.com

f:id:hplfthks8:20190415172214j:plain

会場ポスター

格好つけると。改めていじめに向き合いたいと思った。

ファンとして思うと。初開催のイベントで、(当たり前だが)初出演のももクロの組み合わせなら、行かなかったときの後悔が大きいことは、さんざん体験している。

 

ももクロの出演どうやって決まったのか?

関心ごとだった。

主催者で、発起人のmeiさんと知り合いだそうだ。

meiさんは、ももクロのライブにも行くそうだ。

途中、夏菜子が「meiちゃん」と自然に読んだように聞こえたから、それほど仲が良いのだろう。

 

そんな、meiさんが、今回のセットリストを組んだ。

・吠えろ

・笑一笑

・笑顔百景

・走れ!

 

うん、さすがだ。

ももクロサイドが考えても、

笑顔百景は入れたかな?

 

僕にとっては、この歌は特別。

福岡ドームももクロが歌って、特別になった。

正確に言うと、福岡ドームで聴いたときは、特別ではなかったが、

その後、何故あの日福岡ドームでのみ笑顔百景が歌われたかの理由を知って、

特別になった。

長崎の件を聞いて。

 

10代の終わりの頃、風のうわさで聞いたことが衝撃的によみがえった。

理由は「空気」だったんじゃないか?

その『空気』の中に、僕は加担していたんじゃないか?

 

この歌は、基本楽しい歌だけど、

僕は、それとともに、悲しい感情もこみ上げて、泣きそうになる。

 

いじめ、無い世界が最高だけど、未だあるよね。

哀しいな。

 

PS その1  髪を切った玉井さんを肉眼で見て、それだけで来たかいがあった。

今の玉井さん。可愛くて、美しく、麗しく、尊くて。

女性に捧げるすべての褒め言葉を、玉井さんに届けたくなる。

 

PS その2 最初いじめに関してのトークコーナーがあった。MCから、百田さんが指名されて、百田さんが話したのを引き取って、MCが玉井さんを指名しないうちから、

話を膨らませ、それを佐々木さんが受けて繋げて、高城さんが〆るという。まるで団体芸のような、スムーズな発言の流れを見て、それを見ただけで来たかいがあった。

 

PS その3 今回、国際フォーラム ホールAで開催。

2階は見れなかったけど、当日券販売していたから、満席ではなかったと思う。

でも、一階はフル。ペンラからすると7から8割がモノノフかな。

盛り上がり方と客入りは成功だ成功だったと思う。

来年の集客が心配。キャパを小さくするか?

もっとも、来年はももクロ出演しない前提だけど。

大きなお節介だとは思う。

 

桜は新宿御苑から黒部へ続くか?

今年は、3月末が寒く、

桜が東京でも未だ散らずに咲いている。

 

個人的に桜好きなんだよん。

日本人の多くが、桜好きだと思うし、

今じゃ世界中の人が、日本の春に桜を見に来てるみたい。

 

ももクロは昨日。

着物に身を包んで、新宿御苑に居た。

写真は、川上さんのツイッターから。

f:id:hplfthks8:20190415004558j:plain

川上さんのツイッターから

headlines.yahoo.co.jp

 

今週がと今日の桜なら、

来週は黒部の桜だ。

桜の予定だ。

 

来週、黒部の桜は、散ってないとよいが。

前情報では、黒部の桜は、来週でも大丈夫と。

 

桜と共に歌い踊るももクロは、最高だろうな。

美しさに怯むスタンス

ももクロを見ると、『可愛い』!と思ってきたけど。

今でも、可愛いと思うけど。

 

でもメンバーは、20代にかなり前に入って。

正しく成長を重ね。

美しく綺麗になった。

 

ぼくは、黄よりの箱推し。

あるいは、黄推しだけど、全員好き。

 

玉井さんFirstは、譲れない。

 

でもね。

気を少しでも抜くと、他の3人の美しさに、心がぐらつく瞬間がある。

 

ほらこの佐々木さんとか。

f:id:hplfthks8:20190413005256j:plain

Hustlepress井上さんのツイッターから。

 

もう1枚。

f:id:hplfthks8:20190413005610j:plain

Hustlepress井上さんのツイッターから

 

単純に降参。

 

HustlepressのBirthday Poster。

佐々木さん版が、4/15予約開始。

予約します。約束です。

今年は、4人分揃えます。

去年までは、全員分買わなくて、

結局後悔しました。

 

そして同じく、4/15.

佐々木さんのソロコン申し込み開始です。

今年も行くべく、抽選に参戦します。

 

4/15は、佐々木さん縛りです。