入り口のない出口の入り口を探して(その1)

この数ヶ月で、ももクロの曲を。

5 TH

BAR

入口出口

と現在から過去に遡って聞き続けてきた。

高城さんのセンスで決まったタイトル
《入口のない出口》。

”Z”無しで、
インディーズデビュー当時の音源。


だからね、
始まりという意味では、
”入り口”だよね。
でもそれがないのだから、
”0”からのスタートなのかな。

そして、最後の2曲は、”Z”付で。

”Z無し”から”Z付き”へ
歩き出した時。

★あの空に向かって
最初にこの曲をメンバー作り
披露した事実で、
ももクロの物語は正しく始まったと感じる。

幼い声で、
幼いがゆえに
先のことは考えられない中で、
目に進むことを
選んだ。

僕は、その物語を
途中から見続けているんだ。

物語の始まりを
改めて読んだ感じだね。
この曲を聴くと。


それはそうと、
RO69。
渋谷陽一さんのブログ。
http://ro69.jp/blog/shibuya/84233
渋谷さんとして”ももクロ”の文字が出てきたのは、
初めてじゃないかな。

だからどうしたといわれても、
だからどうしただけど。