幕が上がる版 銀河鉄道の夜

舞台版幕が上がる。
解釈について、特に劇中劇の銀河鉄道の夜

カンパネルラのお父さんが45分で、
息子の死亡を受け入れたの件。
何人かが気持ちを綴っていて。

昨日のカーテンコールで、
出演者の一人が、個人的にいろいろあって
辛かった時もあったとも言っていた。

重たいのは嫌いだけど。

僕も感想を。

カンパネルラのお父さんは、45分で、
自分の息子の死を受け入れられない。
もしかしたら、一生受け入れられないかもしれない。

でも、受け入れるしかない。
それは、立ち止まっていられないから。

カンパネルラのお母さん、
つまり奥さんや、
もしかしたらカンパネルラには兄弟がいたのかもしれない。
自分の子供たち。

家族のために生きていくのが正解で、
そのためには現実を受け入れることが必要だ。

あの言葉は、確かにジョバンニに言ったけれど、
あの言葉は、自分にも言った言葉だ。
現実を受け入れるために。

ジョバンニから聞いた、
カンパネルラの疑問。

悩まなくていい。
カンパネルラは正しいことをした。
カンパネルラのお父さんは、
カンパネルラを誇らしいとさえ思ったんだと思う。

だからそんな息子のずっと一緒にいる。
陳腐な言葉だけど、
カンパネルラは、お父さんお心の中にずっといる。
それは、ジョバンニの心の中にも。
ずっと一緒だ。

写真は、百田さんのブログから。