気ままに曲紹介;ももクロ アルバム 白金の夜明け;イマジネーション

恋する女性は強いんだ。

妄想は爆発する。

世界中、
いや宇宙の全てが自分に味方する。

いや、自分に味方すると信じてる。

清 滝人 作詞作曲。

キング 宮本さんが、各アルバムを表す歌を、
清 竜人さんに発注し、できた曲。

AMARANTHUSのデモンストレーションと対をなす。

この二つの曲は、各アルバムの9曲目に配置されている。

僕のこの歌の感想は、”勢い”。

全力疾走で、妄想している感じ。

いきなりこの世の始まりのアダムとイブに対して、
この世の終わりを、貴方と私
にしたいとの妄想から歌が始まるんだ。

でも、
猪突猛進で真っ直ぐ走ってのが、
最後に夏菜子が”待ってるね”って、
優しく、
可愛く、
普通の速度に落として言うから。

最後は、聴いてて落ち着くんだな。
このうた。

なお、
守道さんによると、
歌詞にある『シモーヌ』とは哲学者の名前で、
デモンストレーションの登場する『ガリレオ』に対応してるそうだ。

シモーヌという哲学者は僕的には、初耳だった。
勉強不足。

写真は、ちょっと前の高城さんのブログから。

高城さんのめがね。
ちょくちょく見てるような気がするけど、
思ったより少ないな。