ももクロとの時代-ここからはずっとMCZのターン-

2013年からモノノフ、2020年から四池さんデビューなるか?そして株

堂々と!煌々と!

ももクロのベストアルバム収録新曲「クローバーとダイヤモンド」。
先ずは、作詞作曲のCLIEVYさん、素敵な歌を作っていただきありがとうございます。

そして、C&Kさん。結成10周年おめでとうございます。

流石、「モノクロデッサン」を作った人。
今回も、ももクロのことを良く分かったうえで作ってくれている。

『モノクロデッサン』が、過去と今を歌ったものなら、
この「クローバーとダイヤモンド」は、
過去と現在、そして圧倒的に、将来について歌っている。


今まで、苦悩や涙もあったけど、
これからは、
堂々と進む。

進む先、未来は、煌々と輝いてる。

星が無くても、
ダイヤモンドが導いてくれる。

灰ダイで、本物しか探せないと苦労して手に入れた
本物のダイヤモンド。
あるいは、
ガンダイで、ボロボロになりながらも護ってくれた
ダイヤモンド。

少し前までは、
”路肩”を、
走ってると称されたももクロが、
”堂々と”真ん中をこれからは歩いてゆこうと。

リピートされる”笑顔と歌声で”が、
深く耳に残る。

ももクロメンバーやスタッフ、
そしてモノノフが聞いたら、
至るとこで、
小さく、ささやかな納得を、
するんだと思う。
至る所の歌詞が、心に響く。

前半なんか、
曲も、
歌詞も
平坦なんだよね。

でも、
平坦だけど、
想いはUpDownするんだな、
不思議と。

そして、爆発する後半。
船頭に立つももクロメンバー。

僕もその船に乗る、
決して後悔しない。

ところで、今日渋谷に行ったんだよ。

看板4つも出てるって聞いたので。

本当だ4つだ。

と感動したけど。

今日、行くべきは、
渋谷でなくて新宿だった。
何故、推測が及ばなかったのか?
気が合ってないな。
【イベントレポート】ももクロ、新宿駅前にサプライズ登場!4000人のモノノフ前に「皆さんの愛を感じました」 - 音楽ナタリー