努力と天才と天性(その3)

僕は、何か成し遂げた人に対する言葉で、
何故できたかの理由を表すのは、2つしかないと思っていた。
『努力』して成し遂げたか、
『天才』か。
当然、才能がありかつ努力が必要であることは、理解しているが、
言葉としては、2つだと。

この動画のタイトルと、
有吉さんとももクロの百田さんにを見るまでは。


もう一つ有るんだ、『天性』が。
少なくとも他人へその人の魅力を
伝えることについては。


この前玉井さんは、『天才』としたが、
それは人を魅了する仕草や、表情を
考えることなくできてしまうことだった。

でも『天性』は違います。
特に仕草さえする必要はない。
ただそこに立っていればいい
少しだけ、はにかんでいればよい。
ただそれだけで、いい。

話は少し変わりますが、
どんなに綺麗な人であっても
喜怒哀楽、特にと笑顔を見せない人には
魅力を感じません。よく言う内面から
滲み出てくるものが重要です。

それがないと、整った顔立ちの人とは思いますが、
ただそれだけです。

それを判らず、顔立ちだけで
判断する人は、表面だけでしか見れない人だと思っています。
人は、内面が重要です。

話がそれました。