日常的ももクロ9/9(玉ちゃんの”かなこぉ↑↑”離れ)

・今月の日経エンタ。川上さんの対談相手は、ももか。
・川上さんの思いは、玉ちゃんが違うものになり、有安さんが覚醒したとき、
ももクロは、突き抜けると。

・ももかは、まだ覚醒してないんだ。米子の夜以降、覚醒したと思っていたんだが。
もともと、歌とダンスは見てて安心だったももか。
最近は、ももかのキャラを生かしてメンバーとの絡みも、馴染んできて。

・最新のChan見ていて、肝試しのくだり。
チーム分けで、一番怖がりなももかだけ一人になって。
はしゃぐ4人の横で、一人不機嫌そうにするももか。
もう、見ている人の気持ちをわかったような表情をするももかがかわいくて。

・一方、玉ちゃんは、何に変わるのだろう。川上さんの思いでは。

・先月末に出たブブカでは、小島さんが、最近の玉ちゃんは安定してきたと書いてるね。
玉ちゃんが安定すると、ももクロ全体が活きるみたいなことらしい。

・個人的に考えるのは、玉ちゃんは”かなこぉ↑↑”離れをしたとき、
大きくなるんじゃないかな。

・子供の”親離れ”と同じ意味合いね。
小さいときは、大人と子供の関係で、親に育ててもらって。
いつか、親離れし、自分で生きてゆくことを覚えて。
そして、大人と大人の関係になって、親元に戻ってくる感じ。

・玉ちゃんが、”かなこぉ↑↑”のことは大好きで、尊敬していて、
”かなこぉ↑↑”のようになりたくて。そう思ってるのは知ってる。

・でも、それじゃ”かなこぉ↑↑”に並べない。

・子供の親離れは、親はもう成長は終わってるとは言わないけど、
遅いのは事実で。
だから子供は、親に追いつけるけど。

・かなこぉ↑↑は、まだまだ成長中。
ますます、太陽に近づいている。
だから、玉ちゃんは、”かなこぉ↑↑”離れ。
追いかけてるだけじゃあ追いつけない。

・尊敬は重要。でも、かなこのようにならなくていい。
玉ちゃんは、”かなこぉ↑↑”に無い才能を大きく、咲かせよう。

・かなこが、太陽なら。玉ちゃんは、風のように自由に飛びまわって。

・話は変わるが、つるべのラジオ聞いた。無学の会の件。
つるべ、ももクロのことべた褒めだけど、それ以上に、川上さんのこと、
褒めちぎってるように聞こえたが。

・そして判明。TBSのA−Studioのプロジューサーはモノノフ。

・確か、以前のこの番組のアシスタントは、スタダの本田翼さんだったよね。

・ということで、今度アシスタント交代のときは、玉ちゃんなんてどうですか?
玉ちゃん、頭の回転速いから(あくまで個人の感想です)、
トークのアシストをするような役割に最適だと思うな。

・話を発散させといて、ポイントでまとめることの手助けができるんじゃないかな?
つるべのトークを、近くで聞くことは、玉ちゃんにとって、
財産になるしね。

玉ちゃんのこれからが、非常に楽しみ。

写真は、ナタリーから。
ペプシCMのもの。
飲んで、応募してるよ。