『夢の劇ードリーム・プレイー』観劇

今日は、昨日に引き続き二日連続で、横浜。

多分、二日連続で横浜に来たのは、人生初。

目的は、観劇。

自分でお金を払っての劇を観るのは、
人生2度目。(ただし、1回目の幕が上がるは、複数回見たけど)

これ。

早見あかりさん、初舞台の『夢の劇ードリーム・プレイー』

先ずは、お花。

中に入ると、
舞台は真ん中で3方に観客が座るレイアウト。

僕は、舞台正面に向かって右側の席。

舞台自体は、なんて難解。
舞台初心者の僕には、説明や、感想を言うのが難しい。

劇であり、
舞踏であり、
生演奏会。

そこで、早見さんは神 インドラの娘(アグネス)。

早見さんで始まり、
早見さんで終わる。

そう、初舞台にして、初主演。

ほぼ出ずっぱり。

膨大なセリフと、
時に複雑な移動をこなす。

夢だけあって、
断面、断面がつながり、
断層になってなってまとまる感じ。

その中で、人間は常に不平不満を言い、
神の子 アグネスも、それに染まり。
人間は哀れだと、
何回も口にし、
そしていつしか、人間のように不平不満が口に出る。

パンフレットによると、
この劇は、「起きているときにみる夢」


最後は、カーテンコール。
4度あったかな。
僕も思いっきり拍手を続けた。

このフレーズ最近聞いたことがある。