”もうだめだぁ” を乗り越えて

頭の中で、
時々
『もうだめだぁ』が流れる。

早見さんがいたときの、
でも早見さんが卒業することが決めっていた時。

夏菜子が発した言葉が
時々頭に流れる。

”ワニシャン”は、
時間が無いことだけが問題で、
問題そのものは、解決する。
そんな状態だ。
僕的には。

”もうだめだぁ”は違う。
時間は関係ない。
問題の解決の目途がつかないのに、
期間ばかり経っているときだ。
僕的には。

今でも僕の頭の中に流れるこの言葉は、
今の夏菜子は、発しないだろうな。

強くなったからな。
夏菜子。

『我らが支えるカナコ↑↑』
このコールを変える時期だと思ってる人もいるのは知ってる。

既に
支えているのは夏菜子で、
支えられているのが、
我らになっている。
そういう意見だ。

でも、
僕は、
『我らが支えるカナコ↑↑』を、LIVEで叫ぶ。

何言ってるんだ。
僕だって、夏菜子に支えられているじゃないか。
ももクロに支えられてるじゃないか。

でもさ。
自分が弱いからこそ、
『カナコを支えたい』

そんな気分。

写真は、ブログから。

強くはなったけど、
デコ
は、変わっていない。