日経エンタ 2014.1号 2013 ヒット番付

★去年は、日経エンタ表紙史上最短
間隔で、ももクロが登場した。

それほど、日経エンタ的には、
2012年はももクロが象徴的な
存在だった。

そんなももクロは、
去年2012年ヒット番付は、
前頭筆頭。

★そして今年2013年は、
小結。
去年から1ランクアップ。

着実に世の中に広く浸透してきていること
を意味しているんだろうね。

日経エンタとしては、
ライブの躍進と、
ブルーレイの人気を
評価の中心にしているようだね。

ブルーレイは、2013上期では、
アーティスト別ではNo.1だったとのこと。

ももクロはランクインしなかったけど、
CD売り上げランキングがあった。
サウンドスキャンの。

それでは、百万枚売れたものなし。

改めて、CDショップ以外での
流通が多いか実感。

倍は、CDショップ以外で売られた。

CD売れない時代と言われて、
久しい。
握手や、選挙や、
ライブ。

ネット上だけでは、手に入らない
ものをいかに見つけて
CDに付けるか?

ももクロは、
握手会に頼らない。

★今回の川上さんの相手は、
最後に百田さん。

やっぱり最初は、
恥ずかしくて、
前に出るのは嫌だったんだ。

そして、ももたまい。
更新時期が一緒で、
アイドル作ろうと考えていた、
川上さんの目に留まり。
ももクロが形になってきたらしい。

ももたまい、仲がいいのは、
当たり前のことなんだね。


★雑誌と言えば。
MdNを購入。

ナタリーさんが、
買ったらいいよ、と
言われたので。



1600円弱。

買ってから判明。
この雑誌、
基本GOUNNのジャケット
しかももクロ出てこない。

Perfumeがライブでやってることが
すごい。