やっぱりももクロ=幸せ感満載

ANGEL EYES限定武道館ライブ「over.40祭り」

楽しかった!!!!

思ってたよりしっかりLIVEだった。

確かにタイトルに”ライブ”が入ってるけど、
AEイベ、つまり小芝居要素ももう少しあるのかと思ってた。

19:30開始の21:00終了。

メンバーが、今回一番激しめのセットリストと言うだけあって、
激しい歌のみ。(バラード系無)

そして、懐かしめの曲多し。

一番新しいのが、
KISSコラボ曲と、
ドラゴンボールの主題歌。

これだって、
『KISS』と、
ドラゴンボール』を抜き出せば、
OVER 40には、懐かしさいっぱい。

やっぱりワードいいな。
ビリーブもやったし。

猛烈。
当然激しいといえばチャイマ。

個人的には、DNAが聞けたから大満足。

アンコールがあって、
夏菜子が
先輩たちに言うのは、申し訳ないのですが。
(的な内容)
”働け!”で、
最後 労働。

本当に楽しかった。
喉枯れるまで声出した。
全員AEだから、
変な遠慮なしに、
騒いだ。

コールが、武道館に充満してたと思う。

ももクロ基準にしたら、
観客全員人生の先輩だけど、
からしても、
人生の先輩だ沢山いて、
『まだまだこのまま歳をとっても、ファンでいられる』と、
心が強くなったよ。

今回は、最年長84歳(であってるかな)

84歳で、ファンクラブに入って、
元気にライブに参戦しているということだ。

なんて、心強い。
いつまでも元気で、
ももクロのファンであり続けてほしいな。

武道館の観客が、全員OVER 40だという事実。

例えば、矢沢のエーちゃんなら、ほぼOVER 40、
いやOVER 50がで、満席と思う。
アルフィーだって、ほぼOVER40で、満員だろう。

そんなように、
矢沢永吉さんや、
アルフィーが、若い時にファンになった人が、
演者と、観客とが、一緒に歳を重ねた結果だと思う。

でも、ももクロの場合は、
今回の武道館を埋めた人生の先輩たちを、
先輩たちが、人生の半分以上を経てから、
ファンにして行ったというのが大きな違い。
ある意味奇跡だよね。

20代前半で、
80代の人をファンクラブに、
入る気を起こす。

それほど、
ももクロに魅了があるんだね。

僕も、40代後半なってから、
ファンになったからね。

LIVEだったけど、
4人ゲストが出た。

その中のグラス演奏が良かった。
癒された。

演奏が始まった時に、
演奏についての説明がなかったから、
この音色は、最初何で出してるのかわからなかった。

木琴の音色を、
少し細くして、
優しくしたような感じ。
そして、ビブラード。
最後紹介があって、
明確になったけど。

それでも心残り?
ある。
キャップが、売り切れてた。
それでも不満ある?
6回ガチャして、
玉井さんかすりもせず。

千歳飴のみ購入。

それにしても疲れた。
眠たい。
おやすみなさい。
今日は幸せだ。