ももクロとの時代-ここからはずっとMCZのターン-

2013年からモノノフ、2020年から四池さんデビューなるか?そして株

気ままに曲紹介:ももクロ アルバム アマランサス

その前に。

アルバム《5TH DIMENSION》で次元を超えたももクロは、
シングル《GOUNN》で輪廻転生し、
アルバム《AMARANTHUS》《白金の夜明け》で人が生まれて死ぬまでを旅する。

キング宮本さんは一連のストーリを考え、
発表してきた。

今回のアルバム《AMARANTHUS》《白金の夜明け》は、
前回のアルバム《5TH DIMENSION》以降に発表された
シングル表題曲は入っている。

ただ一曲を除いて。

それが、《GOUNN》。

新アルバムを引っ提げてツアーを回るのは、
よくあることで、普通だ。

ももクロも、《5TH DIMENSION》でツアーをやり。
そして今年、《AMARANTHUS》《白金の夜明け》で、DOME TRCK(ツアー)を行っておる。

そんなももクロも、シングル発売で、ツアーに出たことがある。
(結成当初は知らない)
それが、《GOUNN》ツアー。


今考えれば、シングル発売で、ツアーまわるのは、
珍しいことなんだろう。

言い換えると、
それほど《GOUNN》が、
一曲で、コンセプトを表していたということだろう。

アルバム曲全体で表すことを、
たった一曲で。

ももクロ
輪廻転生したんだね。
そして今がるんだ!


さて、次回以降から、
アルバム曲を勝手に、
超個人的感想で、曲紹介、
みたいな、曲感想を始める予定。
三日坊主にならなければ。

昨日書き忘れたが。
数年前から、MCZが大きく飛躍するのは、
玉ちゃんが覚醒したときだといわれていた。
(僕が勝手に言っていた?
川上さんがそんなようなことを言っていた????)

玉ちゃん。
遅ればせながら、音楽に曲が出てきたと言っていたし。

芝居、MCと活動の幅が広がり、
加山さんや天竜さんから受け継いで。
”覚醒”してたんだ。

MCZは、今後ますます最強になる(かな?)

明日札幌が楽しみ。

今は、大人の遠足前日状態。
それでも、もう寝ないと。
玉ちゃんのブログからの写真。