「ももクロ春の一大事2019 in 黒部市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜」DAY2

先ず一言。
メンバー、歌声をビジュアルも絶好調で最高。

 

平均年齢24歳と、半自虐ネタあったけど。
大人になったからの美しさではなくて、
正しい基礎に、行いの良さからくる美しさが、
開花してきた感じ。

相変わらず、パフォーマンス中に自由に行動するんだ。
じゃれ合ったり、怒ったふり(これもじゃれているの裏返しだ)して、
本来とは違う動きをする。
でも、これが観ていて楽しいんだな、
今まで本来とは全く違う動きをしていたのに、
合わせる瞬間は、本来の振りで、ぴたっと合う。
何故かな?考えた、

メンバーは、本来の動きが無意識でも踊れるくらい解ってる、だから、
応用が利く。
見ている方も、メンバーが本来の動きを解っているのを理解しているので、
安心して観ていられる。

だってさ、僕がハマった時期は、どっちかというと、
不安だったもん。(何が?)
;
オーラス。
キミノアト。
イントロは、宗本さんのピアノのみ。
そのピアノも止まり、歌い出しは、百田さんの歌声のみ。
その後他のメンバーと、ピアノが入ったけど、
一番は、伴奏pianoのみ。

こんな歌の届け方が、できるようになったんだと、
感動した。

 

雨模様は、富山(黒部周辺)のみで、
日本全国、ほかの地域は晴れだったそうな。
それも逆の意味ですごいな。
今までのあーちゃんに加え、
今はレイニーれにちゃんも加わったからね。
でも途中ポツリときたが、何とか持って、
終焉1時間後ぐらいから本降り。
雨模様のいつもの展開。

 

声を延ばすところ。

吠えろの百田さんや、

ゴルヒスの高城さん。

もはや安心して聴いていられるし、聞かせどころになってるけど。

佐々木さんや、

玉井さんも、声を今まで以上に延ばせたら、

このメンバーはどこまで行っちゃうのか?

なんかもう、追いつけないかもしれない。(誰が?)

 

最後のMCで、

玉井さんが、

これからは、”ももクロのことを好きでもない人にも、笑顔を届ける”的な思いを述べたんだ。

そうなったら、笑顔をはどこまで繋がるんだろう?

 

今日の最後に。

玉井さん。

最高に可愛かった。

相変わらず美しく、チャーミングだった。

ボブ最高。

f:id:hplfthks8:20190421112636j:plain

会場に到着。ステージ裏が見える。

 

f:id:hplfthks8:20190422012318p:plain

会場ついて直ぐにメンバーとサインが、ポスターでお出迎え