気ままにももクロ曲紹介:行くぜっ!怪盗少女(2)

この曲を受け取ったゆみ先生は、
”どう振付ければいいの?”
と思ったとか思わなかったとか。

そこでメンバーに何ができるか聞いて、
アーちゃんのバレエが取り入れられ、
そして夏菜子が”エビぞり”と言った瞬間に、ももクロ=怪盗=エビぞり=夏菜子になった。
(はじクロを見直していたら、あくまでジャンプ
ができると言っただけ。その時の飛び方が
エビぞりだったっての意味のことを言ってるね。
後で言われて、エビぞりだと知ったと。2015/4/20)


僕の大好きなエビぞりジャンプは、
夜空に浮かぶのが月と夏菜子だけと言う、
氣志團万博で撮られた奇跡のような一枚である。

でも僕が引っ掛かったのはエビぞりジャンプではない。
”笑顔と歌声で世界を照らし出せ”と歌いながら、
マイクを持っていない方の腕と、
立っていない方の足を背中側にそらして歌うところである。
『なんでこの子たちはここまでして歌っているのか?』と。

それほど、一見で気になる振りである。

この曲が出たときに、NHKのMJに出演。
アイドルが集まった回で、
一番無名だったももクロがトップバッター。
そこで、他のアイドルファンの心を掴んだらしい。
僕は当時は、全く知らない。

僕がももクロにハマった時に、
ネットの中で観ておくべき重要な
ももクロ動画がリストアップされていて。
その中の一つが、このMJの怪盗少女。

また念願かなった2012年紅白出場時、
この怪盗少女を歌う。
6人で紅白に出ようねって約束していた、
脱退していた早見あかりの名前を、
曲中に復活させて歌い、
歴史を知っているファンの感動を呼ぶ。

このエビぞりジャンプは、周到な準備運動をして
体を作らないと飛べない。
2013年のAEファンイベント時。
当初飛ぶ予定が無かったが、
小さなお友達、
いわゆるチビノフのリクエストに応えるべく、
夏菜子は行ったんステージから準備運動をするために
奥に。
その間残ったメンバーたちが時間を持たせた。
いきなりはできないくらい、
腰に負担がかかるのである。

あと何回夏菜子はエビぞりジャンプができるのだろうか?
あと何年夏菜子はエビぞりジャンプができるのであろうか?
以前夏菜子は、エビぞりジャンプができなくなったら、
怪盗少女は歌わないと言っている。

怪盗少女一曲で、ももクロを手放したユニバーサルレコードは、
その後、怪盗少女を再度発売したり、
最近ではアナログ盤を発売したりしている。
と言うことは、合算したら結構売れたのかな?